突然大量リツイートされたのでTwitterで大量拡散されて初めて体感する「5つの現象」をまとめてみました


superRetweet_2014-1124-090943_s

何の気もなしに、ちょっと反応があればいいな程度でツイートをしたんです、そしたらものすごく拡散されてしまって、とんでもないことになってしまったんです…。

ちょっと面白かったので、ツイートが大量RTされたときに発生する5つの現象についてまとめてみました。

 

photo credit: mkhmarketing via photopin cc

スポンサードリンク

 

問題のツイート

こちらが問題のツイート。 記事を描いている時点で6424RT、3211ふぁぼ。 描いている最中にも、増え続けてますね…。

これだけ拡散されたのは初体験。 かつて、フジロックでのRadioheadのフル音源があがっていたときにつぶやいたツイートが100RTぐらいいったのだけども、その時を遥かに超える拡散度合いですね。

はじめてFavstarからリプライをもらった

250ふぁぼ、500ふぁぼ、1000ふぁぼを超えるとFavstarからおめでとうリプライを貰えるらしいという話は聞いていたんですが、今回それも初めていただきました。

おーこれが! 噂の! という感じ。

現象1.RT通知・ふぁぼ通知が激しくてiPhoneが操作できない

これだけの拡散度合いになると、通知頻度もとんでもないことになります。 通常時はRT通知やふぁぼ通知は有効化していたんですけど、1分間に20や30の通知が来るようになるのでとてもじゃないけどiPhoneを操作するどころじゃないことになりますね。

別に悪いことじゃないし、滅多に起きるようなものじゃないのでいわゆる嬉しい悲鳴とかいうやつですね。 本当はTipstourの記事がこれぐらい拡散されたらリアルで嬉しい悲鳴が出たんですが。

数秒おきに飛び込んでくるこの通知を御覧ください。

現象2.電池の消耗が激しくなる

2014-11-21 17.42.49_s_s

大量の通知が来ることによって、iPhoneがずっとバイブレーションを続けるようになります。 このツイートでも触れたんだけど、モリモリとiPhoneに通知がくるために延々とバイブレーションを繰り返すので職場の机の上で「ブイーン ブイーン」と鳴り続け、非常に挙動不審なことになるのです。

もちろん、バイブレーションすればするほど電池を消費するわけなので、RT全盛期にはちょっと置いておいただけでも電池が30~40%減っているという恐ろしい現象も観測されました。 こうなった場合、Twitterクライアント側の通知設定を切り替えて通知しない設定にしておくのがベターです。

現象3.iPhoneが加熱する

大量RTを受けることにより、発生する大量通知、そしてそれによる通知のバイブレーションを続けることで電池を消費するわけですが、そのバイブレーションの微細運動を続けることで今度はiPhoneが加熱してしまうことにも気付きました。

もしかしてこれはiPhoneの脆弱性なんじゃないでしょうか?!

 

…冗談です、冗談です! もちろん、iPhoneに限らずAndroid系のスマートフォンでも発生しうる脆弱性です。 こうしたレアケース時に引き起こされる事象時のみ発熱するのであれば心配ないんですけどね、常に発熱しやすい状態にあるスマートフォンは注意が必要かもしれないです。

現象4.知らない人からのリプライが飛んでくる

6000RTもされると、それなりの数の人の目に触れるわけです。 そうして注目度が上昇した場合、今まで関わりのなかった人々から、突然のリプライが飛んでくる現象が発生します。

これが風刺的な皮肉やツイートだった場合「いや、それはおかしい」「○○は○○という意味ですよ」「無知乙」というような知らない人からのリプライが飛んでくるということがあるようです。

今回のツイートの場合はネガティブなリプライはなかったので僕は全然気にしてないんですが、それに準じた形のリプライをいくつかいただきました。

一般的にはこれを「クソリプ」と呼ぶらしく、大量RTによって注目度が上がった場合にはこうしたリプライが飛んでくることになりやすくなります。

いまTwitterなどSNSの世界を騒がせている「クソリプ」問題はご存知でしょうか。

クソリプの語源ははっきりしませんが、恐らく「糞のようなリプライ(返事)」であります。

その意味も、文字通り「つまらないツイートを相手に送りつけること」であり、誰もが気軽にコミュニケーションを取れるツールであるTwitterの使いやすさが却って災いとなって、相手のメンションやタイムラインにイラッと来るような発言が並んでしまう現象です。 TwitterだけでなくFacebookなどでも発生します。


Yahoo!ニュース – Twitterの「クソリプ」問題を考える── 個人投資家・山本一郎 (THE PAGE)

現象5.フォロワー数が何故か一時的に増える

2014-1124-091429_s

大量RTにて注目度が一時的に上がると、そのツイートを見た方から新しくフォローされることもあります。

今回の大量RTの最中とそれ以降で、25人ほどフォロワーが増えました。 すべてがこのRTからのフォロワーなのかどうかはわからないにせよ、大半は今回の事象が原因であることは間違いない。

残念ながら、僕は毎回のように大量RTされるような面白いツイートを呟けるわけではないので、それ目当てにフォローしてくれた人にはごめんなさいしないといけない感じなのですが、フォロワー数が増えることについてはむしろ嬉しいぐらいなので僕は全然OKです。

 

photo credit: ntr23 via photopin cc

まとめ

  • 大量RT、ふぁぼによって大量の通知がスマートフォンに飛んでくる
  • 注目度が上昇することによりTwitterの利用者からの反応がある

ツイートの大量拡散はビックリしたけども、ブログを運営している身の上からすると結構待ち望んでいたりするものでもあるのですよね。

普段からTipstourの記事がどうやったら拡散されるかを研究しながら記事を描いている人間にとって、今回の不意打ち気味に発生した大量RTはなかなか興味深いものがありました。 いい感じに研究材料です。

個人的にはそれだけの人の目に触れるんだったら自分のサイトのリンクを貼っておけばよかった…とかどうでもいいことを考えてしまうんですけど。 そういうわけには、いかないですねぇ。

「拡散」についての関連記事


一記事が一日で3500PVだとォ!? 記事がシェアされまくってブーストしていた件。 | Tipstour


Adsenseで表示される「Download」広告が恐ろしい4つの理由と、その対策。 | Tipstour

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly