シンプル・スマートな画面録画ソフト EaseUS RecExperts
ChatGPTの活用方法を学ぶならUdemy【初回ユーザ限定・最大91%割引】

  • ChatGPTの有料プランを試してみたいのだけど、1ヶ月間だけ契約することは可能ですか?
  • 解約したらその後、有料プランは即解約になるのでしょうか?
  • 具体的な有料プランの契約方法と、解約方法を教えて下さい

この記事では、以上の疑問にお答えします。

 

ChatGPTの有料プラン「ChatGPT Plus」は、GPT-4などの最新機能を利用したり、遅延せずに文章生成が行えるなどのメリットがあるプランです。

特に話題の言語モデルであるGPT-4に興味があり、使ってみたいという方は多いのではないでしょうか。

しかしその反面「長期間に渡って有料プランに契約するつもりはない」「1ヶ月だけ試せればいいや」という人もいるはずです。

 

この記事では、ChatGPTに1ヶ月間だけ有料プラン契約することは可能か、そしてその具体的な手順について解説します。

ChatGPTの有料プランの契約期間やルールに関することもここでまとめていますので、ぜひご参考ください。

 

 
【新機能】わからないことはAIに聞いてみよう
質問内容を入力すると、皆さんの疑問にAIがお答えします。

※当機能は現在ベータ版です。 予告なく公開終了する場合があります。

この記事のポイント!

  • ChatGPTの1ヶ月単位の契約は可能
  • 「有料プランに契約→即解約」で1ヶ月間自由に利用できる
  • 解約すれば、自動更新されることはない
 
ChatGPT書籍に当ブログの記事が掲載されました!
📘Chrome拡張×ChatGPTで作業効率化
著:I/O編集部

TipstourのChrome拡張記事を寄稿しました!

工学社さんより、ChatGPT×Chrome拡張機能を使ってより便利にChatGPTを活用する方法をまとめた書籍に、当ブログの記事が本書の1章に掲載されています。

【結論】ChatGPTの単月契約は可能

結論から言いますと、1ヶ月だけの契約は可能です。

 

ChatGPTの有料プランの契約期間に関するルールは以下のとおりです。

  • 有料プランに契約すると、その日から1ヶ月間、有料機能が有効になる
  • 有料プランのキャンセルはいつでも可能
  • キャンセルしても、契約終了日まで有料機能が利用可能
  • つまり、「有料プランに契約→即解約」すれば、1ヶ月間だけの契約が可能

 

有料プラン「ChatGPT Plus」に契約して、クレジットカードで費用を支払った時点で、そこから1ヶ月間の利用が可能となります。

この期間中に有料プランの解約をしても、期間中は自由に有料機能(GPT-4の利用など)を利用することが可能です。

そのため、1ヶ月間だけお試しで参加したい、という場合は、「有料プランに契約→即解約」してあげればOKです。

 

1ヶ月間だけの契約の場合、支払う費用は20ドル(日本円にして2700円)です。

  ChatGPTの有料プランには逆に年間プランは存在せず、長期契約による割引などもありません。

【手順①】有料プランに契約する方法

ということで、その契約と解約手順を順を追って解説していきますね。

 

まずは、ChatGPTのホーム画面を開きます。

サイドバーに「Upgrade to Plus」という項目がありますので、ここをクリックしましょう。

 

プランの選択画面が出てきます。

この「ChatGPT Plus」というのが有料プランの名称です。

この有料プランに契約するので、この「Upgrade plan」をクリックします。

 

すると、支払い情報の入力画面に切り替わります。

 

支払いはクレジットカードのみとなりますので、ここにカード番号、有効期限、セキュリティコード、所有者名などを入力していきましょう。

ChatGPTの利用自体には住所の情報は不要ですが、有料プランに契約する際には、請求書の送付先住所を登録する必要があります。

(実際に何らかの書類が送られてくることはありません)

 

「契約すると、自分からキャンセルするまで1ヶ月間で自動的に課金されます」
「利用規約に同意しますか?」

と書かれています。

問題なければチェックボタンにチェックを入れて、「申し込む」をクリックしましょう。

 

有料プランの契約が完了しました!

現在のプランが「ChatGPT Plus Subscription」になっていることを確認しましょう。

 

この「プランは◯年◯月◯日に更新されます」と記載されている部分が、現在の契約期間の終了日となります。

この画面の場合は、3月27日に契約したので、その1ヶ月後の4月27日までは、解約しても自由に有料プランを利用できる、ということになります。

【手順②】有料プランを解約する方法

続いて、この有料プランを解約する方法です。

 

再び、ChatGPTのホーム画面に移動しましょう。

サイドバーの一番下に、自分のアカウント名が出ているはずですので、ここをクリックします。

 

するとこのようなメニューが開くので「My plan」をクリックします。

 

このような画面が出てきます。

すでに有料プランに加入済みの状態なので、ChatGPT Plusに「Your current plan」(あなたの現在のプラン)と表示されています。

解約するには、ここの「Manage my subscription」をクリックです。

 

現在の契約状況が表示されます。

 

この「現在のプラン」の部分の「プランをキャンセル」の部分をクリックしましょう。

 

解約しても問題ないか?という最終確認のメッセージが表示されます。

ここでも「プランはキャンセルされますが、請求期間の終了日である◯年◯月◯日まで引き続き利用できます。」というように、解約処理をしても期間内はそのまま利用できる旨が、しっかり記載されています。

ということで、問題なければ「プランをキャンセル」をクリックしましょう。

 

これで有料プランが解約出来ました!

このスクリーンショットのように、キャンセル予定日が記載されていればOKです。

期間が過ぎてもクレジットカードからは課金されず、自動的に有料プランが終了します。

そしてご説明している通り、この期限までは自由に有料機能を利用可能、というわけです。

 
この記事で解決しなかった疑問は疑問はAIに聞いてみよう
質問内容を入力すると、皆さんの疑問にAIがお答えします。

※当機能は現在ベータ版です。 予告なく公開終了する場合があります。

まとめ

以上、1ヶ月間だけ有料プランに契約する方法まとめ、でした。

 

この記事のポイント!

  • ChatGPTの1ヶ月単位の契約は可能
  • 「有料プランに契約→即解約」で1ヶ月間自由に利用できる
  • 解約すれば、自動更新されることはない

 

毎月20ドルは結構な出費ですが、1ヶ月単位の契約であれば、負担も小さくなるのではないでしょうか。

ChatGPTに関しては、有料プランの契約ルールはシンプル、かつ利用者にも有利な形でのルールですので、個人的には好印象を持ちました。

みなさんもぜひ、一度有料プランに契約して、GPT-4をトライしてみてください。

 

当ブログでは、他にもChatGPTの利用方法や活用方法、自動化のアイデア・テクニックなどをご紹介していますので、あわせてぜひご覧ください!

 

以上、参考までに。

それでは!