シンプル・スマートな画面録画ソフト EaseUS RecExperts
Excel最新版が使える「Microsoft 365」を最安で購入するなら

2024/02/28時点のExcelの最新バージョン2401 17231.20236はMicrosoft 365にて利用可能です。

Microsoft 365は、現在『Amazonのオンラインコード版』が最安購入値となっています。
(Microsoft公式より1,490円お得)

この記事では、Excel VBAを使って作業を自動化するためのマクロのサンプルコード記事をまとめています。

 

Excel作業を時短・自動化するうえで、Excel VBA、マクロ機能は外すことの出来ない重要な機能です。

プログラミングの要領でExcelに指示を与えて、特定の作業を自動化するのがVBAです。

当ブログ、Tipstour(チップスツアー)では、そのままコピペで利用可能なVBAのサンプルコードを掲載しています。

ぜひ、ご参考ください。

 
【新機能】わからないことはAIに聞いてみよう
質問内容を入力すると、皆さんの疑問にAIがお答えします。

※当機能は現在ベータ版です。 予告なく公開終了する場合があります。

ボタンを押してグラフを自動的に作る方法

シート上にボタンを表示し、ここを押すと自動的にグラフを作成させるようにするVBAのサンプルコードです。

ボタンを押してテキストファイルを読み込む方法

同様に、ボタンを押すとテキストファイルを読み込んでデータを自動入力することも可能です。

そのための具体的なサンプルコードをまとめました。

都道府県ごとに新しいシートを作る方法

住所情報を読み取って、都道府県ごとに新しいシートを作成するサンプルコードです。

都道府県・市区町村ごとにセルを分割する方法

都道府県と市区町村などの住所が、1つのセルに文字列として入力されている状況がありますよね。

その文字列を都道府県で区切って2つのセルにデータを分けるためのVBAサンプルコードをまとめています。

「取引先」ごとに新しいシートを作成する方法

取引先の情報ごとに、新しいシートを作成し、その中にそれぞれの取引先のデータを自動的に入れるVBAサンプルコードをまとめています。

「データ項目」ごとに新しいシートを作成する方法

上の記事では「取引先」のデータでしたが、あらゆるデータ内容でも新しいシートを自動作成することが可能です。

その方法についても、こちらの記事でご紹介しています。

 
この記事で解決しなかった疑問は疑問はAIに聞いてみよう
質問内容を入力すると、皆さんの疑問にAIがお答えします。

※当機能は現在ベータ版です。 予告なく公開終了する場合があります。

新しいシートを追加するサンプルコード

単純に新しいシートを作成するだけのVBA操作のサンプルコードについても、まとめています。

新しいシートを作成して、自由にカスタマイズしたいという方は、こちらの記事を参照ください。

 

 Tipstourでは、Excel VBAの記事を随時追加予定です。