シンプル・スマートな画面録画ソフト EaseUS RecExperts

  • 外人のインプ稼ぎリプライがうざい
  • ニュースアカウントのリプ欄を見ても、スパムだらけでうんざりしている
  • こいつらを自動で非表示にする方法はないか教えてほしい
  • 実際に、どんな感じで非表示になるのかも教えてほしい

この記事では、以上の疑問にお答えします。

 

2023年8月にTwitter(自称・X)で収益化プログラムが始まってから、外人アカウント(いわゆるインプ稼ぎ外人)によるスパム行為が横行するようになりました。

 

こうしたアカウントにはもううんざりしているので、一発で非表示(ミュート)にしてしまいたい!

という方にオススメのChrome拡張機能があるので、その導入方法と、使い方をご紹介します。

 

今回紹介するChrome拡張機能を使うと、このような感じで一発非表示にすることができますよ。

(もちろん、この表示自体も出さずに、完全に消し去ることも可能です。)

 

ご参考までに、それではどうぞ。

 

 
【新機能】わからないことはAIに聞いてみよう
質問内容を入力すると、皆さんの疑問にAIがお答えします。

※当機能は現在ベータ版です。 予告なく公開終了する場合があります。

この記事のポイント!

  • 特定のアカウントのリプライをミュートにするChrome拡張機能「Twitter No Spam」
  • 認証済み+名前に日本語がないアカウントのリプを非表示にする
  • 完全に非表示にして、視界から存在を抹消することも可能

 

【拡張機能】Twitter No Spam

今回紹介するのはこのChrome拡張機能「Twitter No Spam」です。

 

この拡張機能はかなりシンプルで、インストールするとそれだけで条件に合致するアカウントのリプライを一発で非表示にする、というものです。

設定項目もそれほど多くなく、Chrome拡張機能なので、簡単に導入することが可能です。

  Chrome拡張機能はWindows/MacなどのPC環境でのみ利用可能です。

また、Google Chromeの追加機能ですので、もちろんChromeを利用している方のみ、利用可能な方法となります。

 

実際に非表示にされる対象の条件は以下の通り。

  • 認証済みアカウントです
  • アカウント名に日本語が使われていない

 

アカウント名に日本語が含まれない認証マーク済みのアカウントをチェックして、自動的に非表示にするというものですね。

ただ、現状の条件だと、アカウント名に日本語を入れてこういうのを回避しようとするケースや、逆に普通の日本人のアカウントなのに巻き添えで非表示を食らってしまう可能性もありますね。

理想を言うと、実際にそのアカウントのプロフィールやツイートなども確認して、完全に日本人のアカウントでないことが確認できたものを非表示にするなどの処理ができれば、より良い拡張機能になるかと思います。

この辺は今後に期待!ですね。

【手順】Twitter No Spamのインストール方法

ということで、このChrome拡張機能をインストール方法を紹介していきますね。

まずは、以下のリンクから、拡張機能のダウンロードページに移動します。

関連記事

 

上記ページにアクセスするとこのような画面になるので、右上の「Chromeに追加」をクリックしましょう。

 

すると、確認画面が表示されるので、ここで「拡張機能を追加」をクリックして、インストールを開始します。

インストールは数秒で完了しますよ。

 

インストールが完了すると、Chromeブラウザにこのようなアイコンが追加されます。

【使用例】実際にインストールするとこうなる

インストールが完了したら早速、実際に非表示にされているかどうかを見てみましょう。

ひとまず、Yahoo!ニュースなどのリプライ欄をみてみると…

このように、「◯◯のリプを非表示にしました!」ということで、数多くのアカウントがミュートされていることがわかります。

(モザイクを掛けているのは実際の日本語アカウントのリプライです)

 

ほとんどミュートされているので、これだけでかなり快適になりますが、一部、認証マークを消しているユーザは、このように条件をすり抜けて表示されているケースもありました。

とはいえ、現時点では認証マークを付けたままにしているインプ稼ぎ外人が多数派なので、現時点では、かなりの数が非表示になります。

完全に非表示化することも可能

しかし、この状態だと「◯◯のリプを非表示にしました!」というように、存在自体を認識してしまうので、やっぱり完全に存在から消し去ってしまいたいものですよね。

完全に非表示にすることも、拡張機能の設定画面から可能です。

 

さきほどの、ブラウザの上部に表示されたこのアイコンをクリックして、メニューを開きます。

 

開いたメニューから、「オプション」をクリック。

 

すると、このような設定画面が開きます。

 

ここの、「非表示にしたアカウントの情報を表示」の「表示するにはチェック」の部分の、チェックを外すことで、完全なミュート状態にすることが可能です。

 

  • チェックなし:ミュートしたことが表示される
  • チェックあり:完全に非表示になる

 

ちなみにですが、拡張機能のインストール直後は、この部分のチェックが外れているにも関わらず、ミュートが表示されている場合があります。

その場合は、一旦チェックを入れて保存して、再度チェックを外すことで、しっかりと完全非表示にすることが可能です。

試してみてください。

 
この記事で解決しなかった疑問は疑問はAIに聞いてみよう
質問内容を入力すると、皆さんの疑問にAIがお答えします。

※当機能は現在ベータ版です。 予告なく公開終了する場合があります。

まとめ

以上、Twitterの外人スパムアカウントを自動非表示にするChrome拡張機能でした。

 

この記事のポイント!

  • 特定のアカウントのリプライをミュートにするChrome拡張機能「Twitter No Spam」
  • 認証済み+名前に日本語がないアカウントのリプを非表示にする
  • 完全に非表示にして、視界から存在を抹消することも可能

 

ただ、認証マーク+日本語なしという条件だけだと、すり抜けてくる可能性もあり得ます。

認証マークを非表示にしてようとしていないと、日本語の話題についてくる外人のリプライはスパムの可能性が9割なのだから、一括ミュートでも良いような気はしますね。

このあたりも、もう少し設定できるようになると、シンプルかつ、使い勝手のよい拡張機能になりそうです。

 

…というか、ユーザにこんなことさせる前に、対応するべきはTwitter運用、あんただろ!

 

…ということで、以上ご参考までに…。

それでは!