【Excel Expert】作業を超・効率化させる、知らぬと損する必須ショートカットキー15選


excel02

はいこんにちわ。 来年ワーホリでニュージーランドに行くために8月末で仕事を辞める予定のやまぶきです。

Excelのショートカットキーは個別に紹介をしてきたのだけど、今回は僕が常に多用しているExcel作業を効率化させるショートカットキー15個を紹介しておきます。

正直、この全部を知っているのと知らないのとでは、作業効率にかなり差が出てくるんじゃないかなと。 それぐらいのインパクトです。 知らないと損です。 それではどうぞ。

スポンサードリンク

 

文字を太字にする

これはかなり多用するはず。 選択している文字を太字にするショートカットキーです。

Ctrl + B

簡単に文字列を強調したいときに僕もよく使います。 息を吐くように使ってますね…。 ショートカットキーのBは「Bold」のBと覚えるといいですよ。

日付を入力する

excel_timeShortcut_2014-0905-191444

管理票などで日付を入力したいときに、わざわざ手で日付を入力する必要はありません。 このショートカットキーで、今日の日付を一発入力できます。 このショートカットキーと、時刻入力のショートカットキーはかなーり役立つので覚えておきましょう!

Ctrl + ;

Ctrlキーとセミコロンです。

時刻を入力する

続いて、現在の時刻を入力するショートカットキーです。

Ctrl + :

こちらはCtrlキーと、コロンです。 ややこしいけどすぐ覚えますよ。

セルを日付フォーマットに変更する

2015-0114-094120

セルの入力形式、つまりフォーマットを変更する場合に書式設定ウィンドウから行っている人はいますか? 多分いると思います。 実はコレも、ショートカットキーでできるんですよね。 キーボードから手を離すことなくチェンジできるので、これもかなり便利ですよ!

下記コマンドで日付フォーマット「2015/01/01」に変更できます。

Ctrl + Shift + 3

セルを通貨フォーマットに変更する

2015-0114-094134

上記に続いて、こちらは通貨フォーマット「¥10,000」へ変更するショートカットキーです。

Ctrl + Shift + 4

パーセントフォーマットにする

2015-0114-094158

そしてこちらは%表記のフォーマット「55%」へと変更するショートカットキー。

Ctrl + Shift + 5

この3つは、合わせて覚えておくと柔軟に使いこなせますよ。 とりあえず3〜5はフォーマット変更できると覚えておけば十分です。

書式設定ウィンドウを開く

右クリックをして、メニューから書式設定ウィンドウを開く…という操作をわざわざ行う必要もありません。 書式設定ウィンドウを開くということも、ショートカットキーで実現できちゃいます。

Ctrl + 1

通常マウスを動かさないと開けない操作をショートカットキーで行うということは大きなメリットがひとつあって、キーボードからマウスへと手を離す必要がなくなるので作業効率がグンと上がるというところにあります。 この快適さ、気付くと抜けられなくなりますよ…。

フィルターボタンを表示する

2014-1202-100842_s

データ解析や並び替えのときによく使うフィルター機能。 これを列毎に指定できるフィルターボタンの表示のON/OFFもショートカットから可能です。

Ctrl + Shift + L

シートを拡大/縮小

シートの拡大や縮小もよく行う操作ですが、これを画面上でやってる人はあまり見かけないです。 というのも、このショートカットキーが非常に便利だから。

Ctrl + マウス中央ボタンでスクロール

もし画面上のボタンで拡大率を直接していして拡大/縮小を行っている方は、この方法を試してみてください。

ファイルの切り替え

複数ファイルで同時作業を行うときに、ファイル間を行き来することは結構多いと思いますが、その際にはこのショートカットキーが活きてきます。

Ctrl + Tab

ショートカットキーでファイル切り替えを行うと、腕を動かさなくてもいいだけでなく、移動速度が格段に向上します。 時間にしたら微々たるものでも、頻繁な切り替えが発生するような作業だとこのショートカットキーを知っている・知らないの差は非常にデカイ。

シートの切り替え

Excelファイル内のシートの切り替え・移動もショートカットキーで行えます。

Ctrl + PageUp もしくは PageDown

複数シートをまたがった作業ではとっても便利なんだけど、このショートカットキーにはちょっとした問題があって、PageUpキーやPageDownキーがついていないキーボードでは使えないということです。 近年のモバイルPCだと、むしろPageUpキーとPageDownキーが付いていることの方が少ないんですよねぇ…。

そうした場合は、キーマッピングなどを使って別キーにPageUpやPageDownを割り当ててあげる必要があります。 ちょっと面倒なのだけど、興味ある方はこちらをどうぞ。


MacBook AirでWindows7を動かしたらCtrlキー配置が使いづらいので変えてみた。 | Tipstour

上部メニュー(リボン)を非表示にする

exr002.jpg

小さい画面でExcel操作をしていると、画面が小さいので表示しきれない部分が結構でてきます。 人に見せる時なんかはなるべくは全画面に近い形で出したいもの。 ということで、Excel画面上部のメニュー部分、通称リボン部分を非表示にするショートカットキーです。

Ctrl + F1

形式を指定して貼り付け

2013-0430-113624

表計算をしていると、貼り付け先のフォーマットを崩したくなかったりして「値のみ貼り付け」や「数式のみ貼り付け」をしたい場合があります。 そういう場合は形式を指定して貼り付けが便利なんだけど、これもショートカットキーでキーボードから手を離さなくても操作可能ですよ。

Ctrl + Shift + V

僕はこのショートカットキーもよく使ってます。 更にこの画面を表示して「V→Enter」で値のみを、「T→Enter」で書式のみをコピーして貼り付けられます。 この操作も一緒に覚えておくとなお便利。

セルの入力欄をフォーカスする

すでにデータが入力済みのセルに追記をする場合、単純にセルを選択した状態でキーボードを入力してしまうと入力済みデータが消えてしまうので、追記したり編集したりする場合はこのキーを使います。

F2

このF2キー、他アプリケーションでも名前の変更などでよく使われるキーなので、Excelに限らず覚えておくと有効ですよ!

セルへの色塗りつぶし

2012-0705-105539.jpg

セルへの色塗りもショートカットキーで可能なのです。

色を塗ってからCtrl + Y

一度好きな色を塗ってから、ショートカットキーを入力することで色の塗りつぶしが可能です。 このCtrl + Yの操作は「繰り返し同じ操作を行う」ショートカットなので、一度色を塗った後にこのキーを使うことで色塗りショートカットキーとして使うことができる、という寸法ですね。

まとめ

以上、ぼくが日常的に使ってるExcelショートカットキー15選でした。 僕の場合はイチから表や一覧を作ることが多いので、こういった入力支援となるショートカットは本当によく使ってます。

結構お仕事上で他の人がExcel操作しているところを見たりするのだけど、ショートカットキーで一瞬でできるような操作を画面上のボタンでポチポチと操作している人、割と多かったりします。 そういうのは見ていてやきもきしてしまうタイプなので、こうしてTipstour上でオススメショートカットキーとして紹介している次第ですね。

ということで、この記事をご覧になった方はぜひ、どれかひとつでもいいので実践で使ってみてくださいませ。

スポンサードリンク

 

Excel系Tipsの関連記事

Tipstourではその他にもExcel系Tipsを多数掲載しています。 こちらも合わせてどうぞ!


お仕事でExcelを使うすべての人のための、23のExcel Tips 総まとめ(2014年8月) | Tipstour


Excelでセル同士の参照先を視覚的に確認できる「トレース機能」がかなり役立つのでみんな使おう | Tipstour


Excelで土・日曜日の日付セルを自動的に色塗りする設定方法 | Tipstour


Excel作業の速さは「Excelで出来ること」をどれだけ知っているかで決まる | Tipstour


Excelでショートカットキーの割り当てが無い操作にショートカットキーを割り当てる方法 | Tipstour


Excelの複数セルのデータを行・列で反転して貼り付け直す方法 | Tipstour

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly