知らなくても別に困らないけど、知っておくとちょっとだけ時間を短縮できそうなExcelテクニックです。

Excelのシートをコピー(複製)して、編集し直すことって結構ありますよね。

同じフォーマットの表で年月日を変えたり、一部項目だけ修正してパターンAとパターンBに分けたり…などなど。

そうした操作をする際に覚えておくとちょっとお得な、一瞬でシートを複製する方法についてまとめました。

シートのコピー

さて、その方法ですが「Ctrlキー」を使います。

まず、こんな感じで普通の「Sheet1」がありますね。

2015-0907-072111

Ctrlキーを押したまま、コピーしたいシートをドラッグして、何もないところでドロップしましょう。

2015-0907-072020

すると、こんな感じで「Sheet1(2)」という名前のシートが複製されました。 

簡単ですね!

2015-0907-072052

正規の方法だと、シート右クリックから「移動またはコピー」→「コピーを作成する」でも同じことができますよね。
2015-0907-075942

ただ、チマチマしたマウス操作がちょっと発生してしまうので、「Ctrl+ドロップでもコピーできる」ことを知っておくと、地味に便利です。

ぜひ、使ってみてください。

以上、ご参考までに。

それでは!