はいこんにちわ!

今回は、Excelで数値をマイナスにしたい場合について、超簡単な方法をまとめましたので、ご紹介しますね。

 

 
たとえば、500という数値なら-500に変換したい、という場合ですね。

 

これ、関数などを使わなくても、とても簡単な方法で実現可能です。

それではどうぞ!

方法:数値を「-1」でかける

方法は非常に簡単で、特定の数値(セル)にマイナスをかけるだけ、です。

計算式としては、以下の通り。

= セル * -1

 

これは算数として簡単な処理をしているだけですね。

「-1」で数値をかけることで、プラスだった数値はマイナスに、逆にマイナスだった数値はプラスに変換されます。

実際にやってみた

ということで、実際にやってみましょう。 500という数値が書いてあるセルを用意しました。

 

ここに、先程の要領で「-1」をかける計算式を入れてみます。

=B2*-1

 

はい! これで簡単にプラス500の数値が、マイナス500に変わりました。 簡単ですね。

応用編:特定の行の数値をすべてマイナスにする方法

この方法を使って、ある特定の行の数値をすべてマイナスに変換する方法についても、少しご紹介しますね。

こんな図を用意しました。 ここの「データA」列の数値を、すべてマイナスにしたいと思います。

 

その場合は一度、マイナスの計算結果を入れる列を一時的に作ればOKです。

具体的には、「データA」列の隣に新しい列を挿入します。

 

このあたらしい列内で、同じように「-1」をかけてみます。

=B3*-1

 

数値がマイナスになりました。

 

あとはそのまま関数を下にコピーしていけば、すべてのデータがマイナスになった列のできあがりです。

この数値をそのままコピーして、「データA」列に貼り付けてしまえば、すべての数値をマイナスにすることができますね。

 

こうした「作業用の列を一時的に作ってそこで計算して、値をコピーする」という方法は、色んな場面で使えます。

今回は数値をマイナスにする計算式の紹介でしたが、覚えておいて損のないテクニックですよ!

以上、ご参考までに!

それでは!