EaseUS Todo Backup 2022がリリース

いつものExcel作業を時短・自動化して早く帰宅しよう!
TipstourではExcel時短テクニックを多数掲載しています。

 

Excel時短テクニック記事・一覧

Excelで、セル内の文字数をカウントしたい!

……という方向けに、この記事を書きました。

セル内の文字数がわかると、色んなところで応用が利きます。

例えば、特定の文字数以上で色をつけたり制限をかけたりできます。

この記事では、Excelで文字数をカウントする方法について解説します。

 

LEN関数を使って、文字数をカウントする

セル内の文字数をカウントするには、LEN関数を使います。

書き方は、以下の通り。

=LEN(文字列)

文字列の部分には、セルを直接指定してもOKです(むしろ、その方法がセオリー)。

実際に、LEN関数を使ってみましょう。

まずは、B2に下記のような文字を入力してみました。

excel-len-test

その後、D2にLEN関数を入れて、=LEN(B2)と入力します。

excel-len-function

すると、下記画像になります。

excel-len-function-result

セル内の文字数がカウントできました!

まとめ

以上、セル内の文字数をカウントする方法について解説しました。