ボーナスが出たのでMacbook Airの開封の儀を執り行ってみた


macbookair.jpg
最近ずっとお仕事お仕事で気が滅入り気味でしたが、
ありがたいことにボーナスはいただけましたので奮発してMacbook Airを購入しました。
ということで、僕も流れにあやかって開封の儀を執り行ってみました。

スポンサードリンク

 


Macbook自体は数年前に購入した通常のMacbookがあったのですが、
正直なところあまり使いこなせずにそのままになってます…
というのも、単純に持ち運ぶにはなかなか重たい、というところが一番の理由ですね。
それがMacBook Airがリリースされてからだいぶ経ちますが、
やはりこのスペックでこの軽さというのは魅力的だ!
ということでようやく購入の運びとなりました。
ということで、届いたぞ!
梱包されて一回り大きい箱ですが、それでもこんなサイズ。
GIMG_3745.jpg
あけると、さらに小さい箱がマトリョーシカのように登場。
Amazonでポチって7万弱、思った以上にしっかりした梱包だったので安心しました。
GIMG_3746.jpg
中の箱。 ペットボトルと比較すると大きさがわかると思いますが、
やはりコンパクト
GIMG_3750.jpg
ビニールで梱包されてましたので、ペリペリとはがします。
GIMG_3751.jpg
GIMG_3752.jpg
パカァ…
GIMG_3753.jpg
あけるとそのまま、結構シンプルに本体が顔を出しました。
GIMG_3754.jpg
テカテカしてますが、保護ビニールが巻いてあるだけでした。
見えづらいですが、はがすツマミがついてます。
ツマミの裏にはシールが着いてました。 おそらく、これを破ると開封したという証拠と、
利用許諾に承諾したことになるのだと思われます。
GIMG_3757.jpg
シュッ
GIMG_3758.jpg
画面保護の布が付いてました。
GIMG_3759.jpg
PC部分の下には付属品が。
GIMG_3760.jpg
電源ケーブルが丸まってますが、大きく二つに分かれていて、
MacBook Airから電源アダプター部分と、延長のケーブルのふたつがあります。
用途によって、片方だけ持ち歩くか、両方持ち歩くかなどの使い分けが出来そうですね。
GIMG_3761.jpg
コネクタ部分はこんな感じで取り外しできます。
GIMG_3766.jpg
GIMG_3767.jpg
こちらのティッシュ入れみたいな箱は…?
GIMG_3763.jpg
取扱説明書が入っていました。
でもApple製品らしく、本当に必要最低限といった感じ。
GIMG_3764.jpg
さて、電源ON!
いつものマークが表示されて、セットアップ開始です。
GIMG_3768.jpg
言語の選択。
特に問題なければ「主に日本語を使用する」を選択しましょう。
GIMG_3771.jpg
次に地域の設定ですが、ここも問題なければ「日本」で良いかと。
GIMG_3772.jpg
キーボード入力環境の設定画面。
一般的なキーボード入力になれているのであればデフォルトのままの設定でよろしいかと思います。
GIMG_3773.jpg
Wi-Fiネットワークの選択。
自宅等で無線LANを使用している場合は、そのままWi-Fiが登録出来ます。
GIMG_3774.jpg
新しいMacbook Airに情報を転送…
とのことですが、今回は「今は転送しない」にしてしまいました。
用途次第では、自動的に移行するよりも手動で必要なファイルだけを移動したほうが
良い場合もありそうです。
GIMG_3775.jpg
位置情報サービスの有効化。
出先などでWebサービスを利用する際などに位置情報を送信する場合は
「有効にする」のチェックを入れてあげればいいと思います。
また、紛失時の機器探索にも位置情報の有効化は必須です。
とりあえずまよったら有効でいいかなと。
GIMG_3776.jpg
Apple IDの登録。
既にiPhoneやiPadなどで登録しているIDがあるのであれば、それを入力してあげれば良いと思います。
iCloud, Mac App Store, iTunes Storeなどを使う際には必須になりますね。
GIMG_3777.jpg
ここにきて、ようやく利用規約です。
「同意する」で。
GIMG_3778.jpg
iCloudを使ってMacを探す。
機器の紛失時に、位置情報の利用を有効化していれば、この機能でMacbook Airが探せます。
GIMG_3780.jpg
ただ、ネットワークに接続されている状態でないと、この探索は出来ないので
iPhoneのような大抵の場所で3Gネットワークなどにつながっている機器とはまた、
勝手が少し違うと思いますね。 PCの場合は、むしろ盗難時に使えるというところか。
コンピュータのアカウントを作成。
「フルネーム」とありますが、ここはお好みの名前でよろしいかと。
GIMG_3781.jpg
Apple IDからの操作で、このログオン情報をリモートで変更も出来るみたいですね。
やはり、どちらかといえば盗難時のための機能な気がしますね。
次は時間帯、というよりはタイムゾーンの選択ですね。
これも位置情報で自動的に調整されるようですが、この機能を有効活用出来るのは世界中を旅できる人ぐらいでしょうか…w
GIMG_3782.jpg
製品のメール登録。
こちらはお好みでどうぞ。 僕は登録しなかったです。
GIMG_3783.jpg
以上で設定完了!
GIMG_3784.jpg
デスクトップきたー!
GIMG_3785.jpg
ここから色々とソフトを入れて自分好みにしていこうかなと思ってます!
なかなか触ってるヒマがないのが残念ですが…Airの重さなら積極的に持ち運ぶようにしてみます。

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly

 

Tags: