この記事を読むと、Adobeソフトの正式なアンインストール方法がわかります。

 

ということでこんにちは、20代怠け者(@20sInvest)です。

今回はPhotoShop, Illustrator, After Effects, InDesign, Premiereなどなど…。

「試用期間が切れる・使わなくなった」などで不要になったAdobeソフトウェアのアンインストール方法についてまとめました。

【方法】MacでAdobeソフトウェアをアンインストールする方法

Adobe製品は、Macでは珍しくアンインストーラー(アンインストールするためのプログラム)が用意されています。

このアンインストーラーを使ってソフトをアンインストールするのが、正式な方法です。

 

ということで、そのアンインストーラーは以下のフォルダに入っています。

/Applications/Utilities/Adobe Installers

 

このフォルダ内には、インストールしているAdobeソフトウェアの分だけアンインストーラーが用意されています。

今回はイラレをアンインストールしようと思うので、「Adobe Illustrator CC 2018 をアンインストール」を実行します。

 

  ちなみに、Creative Cloud自体のアンインストールもこのフォルダのアンインストーラーから可能です。

その場合は「Uninstall Adobe Creative Cloud」を実行します。

 

アンインストールするので、管理者権限が必要です。

管理者権限のあるアカウントでログインしましょう。 通常は、普段使っているアカウントとパスワードを入力すればOKですよ。

 

続いてアンインストールの確認です。

「はい」をクリック。

 

すると、アンインストールが自動的に始まります。

少し待ちましょう。

 

はい! これでイラレがアンインストール出来ました。

「Adobeソフトはアンインストーラーを使って削除する」とおぼえておけば、後は簡単ですね。

 

以上、ご参考までに!

それでは!