シンプル・スマートな画面録画ソフト EaseUS RecExperts
Excel最新版が使える「Microsoft 365」を最安で購入するなら

2024/02/28時点のExcelの最新バージョン2401 17231.20236はMicrosoft 365にて利用可能です。

Microsoft 365は、現在『Amazonのオンラインコード版』が最安購入値となっています。
(Microsoft公式より1,490円お得)

はい、どうもこんにちわ!

Mac版Excelの通常の表示はこんな感じ。 上部メニューの下に、文字列や数式を入力するための「数式バー」が表示されています。

 

しかし時折、下の画像のように、大事な数式バーがこつ然と姿を消してしまうことがあります。

 

今回は、この消えてしまった「数式バー」再び表示させる方法について、まとめました。

ご参考までに、それではどうぞ。

  この記事は、Excel 2016 for Macの画面を元にご説明しています!

 
【新機能】わからないことはAIに聞いてみよう
質問内容を入力すると、皆さんの疑問にAIがお答えします。

※当機能は現在ベータ版です。 予告なく公開終了する場合があります。
 
この記事で解決しなかった疑問は疑問はAIに聞いてみよう
質問内容を入力すると、皆さんの疑問にAIがお答えします。

※当機能は現在ベータ版です。 予告なく公開終了する場合があります。

「数式バー」を元に戻す方法

もとに戻す方法は、実はかなり簡単です。

まず、上部メニューから「表示」へ行きましょう。

 

「表示」メニューの真ん中あたりにいくつかチェックボックスがありますが、ここの「数式バー」のチェックボックスが外れてしまっているはずです。

このチェックボックスをオンにしましょう。

すると…。

 

はい、元に戻りましたね!

数式バーが非表示になってしまっていたのは、この「数式バー」のチェックボックスが何らかの外れてしまっていたのが原因です。

 

基本的に、このチェックボックスはオンにしっぱなし(チェック入れっぱなし)で問題ないと思います。

数式バーは無いと不便なので、スペース的な問題でも無い限りは、基本的に表示しっぱなしにするのが良いと思いますよ。

 

以上、ご参考までに!

それでは!