自転車通勤にレインボーブリッジを使うのは現実的か? 実際に自転車で渡って確かめてみた


rainbowbridge_cycling_2014-0805-133932

レインボーブリッジといえばお台場と芝浦をつなぐ巨大吊橋ですが、この橋を使って自転車通勤は可能か? というのを調べてみました。

というのも近日中に僕の職場の場所が変わりそうで、直線距離的には結構近くなったのでできれば自転車通勤したいなー、とか計画していて、ルート案を検討していたら「レインボーブリッジを使って東京湾を横切る」という大胆な通勤経路が浮かび上がってきました。

もしかしたらこれ以外とやれるんじゃない? と思って、実際にできそうかどうか、実際に渡って確かめてみましたよ。

スポンサードリンク

 

そもそもレインボーブリッジを自転車で渡ることは可能なのか?

そもそも高速道路および自動車専用道路なので、自転車や徒歩で渡ることが可能なのかという問題がありますね…。 ちょっとだいぶ作りの荒いPDFファイルですが、こんな資料がありました。


レインボーブリッジ 遊歩道

ここで問題になるのは自転車に乗って通り抜けができるかどうか? ということだけど、答えは「NO」 自転車に乗ったままの通行はできないということでした。 なんてこった。

自転車に乗っての通行は禁止。

ただし、貸し出し専用台座による手押し通行か、自転車を解体又は折りたたんで専用の袋に収納して運ぶことは可能です。

後部車輪に取り付ける台座をつけた上で、手押しで通行をすることは許されるということのようです。 手押しで渡るとなると自転車通勤の意味というか利点がなくなってしまうのでこの時点でだいぶ微妙な感じなんですが…とりあえず、渡ってみましょうか。

渡ってみた

お台場側の入り口はこのあたりです。 当然ながら、自動車とは違う場所からレインボーブリッジ入りをすることになるようです。

この入り口にて、自転車の場合は前述の通り後部車輪に台車を付けられます。 無料で貸してくれます。
2014-08-05 09.29.54_s

こんな感じの台車。 くたびれたマジックテープで固定しているだけなので、すぐ外れます。 (ぶっちゃけこの台車のおかげで普通に押すより疲れた)
2014-08-05 09.32.26-1_s

これで準備はOK、自転車を押してレインボーブリッジを歩きます。

 

この日は西日本で猛威を奮っていた台風の影響も少なからずあったのか、風が強い! こんな感じの道ですが、この道の下は思いっきり海です。 これで風が強いものだから結構怖い。 自転車OKでも漕ぎたくないですねこれは。
2014-08-05 09.34.11-1_s

一般道の隣をずんずん自転車を押して歩いてく。 トラックも結構通るので、そのたびに風圧でヒヤッとさせられます。 疲れる。
2014-08-05 09.39.41-1_s

眺めはすごく良いんですけどね。
2014-08-05 09.41.15_s

芝浦側は、最後エレベータで港へ降りて、レインボーブリッジの徒歩コースは終了です。
2014-08-05 10.04.53-1_s

2014-08-05 10.07.39-1_s

出口はここです。 もちろん、芝浦側から渡ることも可能。 (むしろ芝浦側から行くほうがほとんど下りなので楽かも。)

 

自転車を押してレインボーブリッジをわたった場合の所要時間は37分でした。 途中、写真を撮影したりヘタって一時停止もしていたので、慣れれば30分ぐらいで行けるかも。

正直なところ、自転車なしで徒歩で渡るほうがかなり楽です。 入り口のおじさんは、「だいたい徒歩だと20分くらい」と言ってました。

スポンサードリンク

 

まとめ

結論を言うと、「自転車通勤で使うのは現実的ではない」です。 理由はやっぱり下記の3点。

  • 自転車を漕いで渡れない
  • 風が強い
  • 通路が狭い

うまくいけば、さわやかな海の風を毎朝感じながら東京湾の上を颯爽と通勤…なんてのも考えたんですが、現実はそう上手くいかないみたい。

逆に自転車OKにしてしまうと、ただでさえ狭い通路が自転車の通勤者だらけになって利用上の危険を伴いそうですからね、これは仕方ないのかも。

うーん、東京湾を渡るときは、素直にりんかい線を使って東京湾を渡るのがいいのかな。 (東京テレポート駅~天王洲アイル駅)

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly