この記事を読むと、Uberを使ったハワイ島内・市内の移動の運賃相場がわかります

 

ということでこんにちは、20代怠け者(@20sInvest)です。

先日、家族旅行でハワイ・オアフ島に行ってきました。

その際の移動にUber(ウーバー)を何度か使ったので、備忘録として「ワイキキ中心地から各主要エリアへの運賃相場」をまとめました。

さっそく見ていきましょう!

【情報】ハワイでUberを使う上で覚えておきたいこと

ハワイでUberを使う上で、いくつか気づいた点・覚えておきたい点をまとめました。

  • ハワイでは移動にUberを利用できる
  • レーティングシステムがあるのでタクシーと同じく安全
  • 英語が使えなくてもUberの乗車方法がわかっていれば問題なし
  • 運賃はタクシーとそれほど変わらない
  • クレジットカードで運賃支払が可能
  • チップは乗車後でも追加で支払い可能
  • ワイキキ周辺エリアであれば、多少中心地から離れていても配車可能
  • むしろタクシーが見つからないエリアでも使えるので便利
  • ホノルル空港からでも利用可能 (ダニエルKイノウエ国際空港)

ハワイはUber利用可能


Tero Vesalainen / Shutterstock.com

ハワイはUberの本拠地国であるアメリカの一部なので、当然利用することが可能です。

何度か利用しましたが、Uberは運転手のレーティングシステム(評価システム)があるので、ボッタクリなどの心配や危険はほぼありません。

Uberの乗車方法がわかっていれば、運転手と会話する必要も実際ほとんどありません。

英語が心配でも(トラブルがなければ)問題なしだと思います。

Uberの乗車方法の流れ
  • Uberアプリで配車する
  • 出発地に車が来る
  • ナンバープレートを確認して乗車する
  • 移動
  • 目的地に付いたら下車 (サンキュー、くらいは声をかけよう)

 

運賃はタクシーと変わりなし

運賃は、タクシーとそれほど変わりません。

東南アジアだとローカルタクシーそのものが観光客相手にボッタクリしてくる国・地域も多いのですが、そうした場所だと配車アプリの方が圧倒的に安全・運賃が安いなんてこともよくあります。

ハワイの場合、ちゃんとしたタクシーの運賃とUberの運賃は、正直それほど変わりないようだ、というのが実際のところです。

ただし、ハワイでもタクシーによっては現金支払いを求めてくる場合もあるようなので、クレジットカードですべて完了するUberは便利です。

【関連記事】インドネシア・バリ島の配車アプリの運賃相場はこんな感じ

ワイキキから少し離れていても配車可能

ワイキキ中心街でなく、少し離れたエリアでも、Uberアプリから配車が可能でした。

 

例えば今回は、マノア・フォールズというちょっとしたハイキングコースの登山口からUberを配車してみましたが、5〜7分ほどで登山口まで来てくれました。

あたりは山沿いで民家ぐらいしかないので、タクシーが通り掛かるようなエリアではないので、タクシーを呼ぶ手段がなければ詰んでたところですね(笑)


itsflowingtothesoul / Shutterstock.com

 

ただし、アプリで呼ぶのでインターネット回線は必須です。

モバイルルータを借りる、SIMカードを使うなど、インターネット回線は確保しておく必要がありますね。

 

【相場】ハワイ・オアフ島のUber運賃相場まとめ

さて、肝心の運賃相場はこちらのとおりです。

ほとんどの人はワイキキに泊まるだろうということで、ワイキキから各エリアへのUber運賃をまとめてみました。

ここに表示している運賃は2020年2月時点の、日中昼間の通常時間帯のデータとなります。 (混雑時は料金が上がりますのでご注意。)

出発地目的地運賃相場
【USドル】
運賃相場
【日本円換算・110円】
ワイキキ中心地ホノルル国際空港$26.45¥2,910
ワイキキ中心地ダイヤモンドヘッド(登山口)$13.11¥1,442
ワイキキ中心地アラモアナ・センター$8.66¥953
ワイキキ中心地ハレイワ$71.13¥7,824
ワイキキ中心地マカプウ岬$37.03¥4,073
ワイキキ中心地カメハメハ大王$13.41¥1,475
ワイキキ中心地ソルト アット アウアカカアコ$11.86¥1,305
ワイキキ中心地ダウンタウン$13.68¥1,505
ワイキキ中心地マノアフォール$16.94¥1,863
ワイキキ中心地タンタラスの丘(展望台)$15.62¥1,718
ワイキキ中心地ドールプランテーション$56.85¥6,254
ワイキキ中心地モアナルア・ガーデン(気になる木)$21.34¥2,347

 

こうして見ると、ワイキキ・ホノルル市内の移動でも1000〜1500円ほどと、それなりのお値段がかかります。

日本のタクシーと比べて、相場は同程度かそれ以上、という感じです。

ハレイワやドールプランテーション、マカプウ岬(カイルア近辺)などの遠くの場所を目的地に選ぶことも可能ですが、運賃はやはりそれなりに高くなります。

ハレイワやカイルアへ行くローカルバスもあるので、運賃を低く抑えたいならそちらの方が良いかもしれません。

 

とはいえ、市内でのUber移動は便利です。

お土産などの荷物を買った後、移動が面倒だ…という場合は、いっそのことUberで配車してホテルまで一直線で帰ってもらったほうが、コスパが良いということもあると思います。

 

以上、ご参考までに!

それでは!

 

【参考】海外旅行に行くならエポスカードを「作っておくだけ」でお得

海外旅行の保険といえばクレジットカードの付帯保険が便利ですが、その中でも実は一番便利なのが「エポスカード」です。

メリットは以下の3つ。

  1. メリット①:海外旅行保険が持っているだけで自動付帯される
  2. メリット②:携行品損害も自動付帯される (20万円〜)
  3. メリット③:年会費無料

 

つまり、作っておくだけで無料で20万円までの携行品損害(持ち物の紛失や破損に対する補償)がもらえるわけです。

「旅行中にエポスカードを使わないといけない」という制限もなく、海外旅行に行く人の隠れ必須クレカです。 詳しくはこちらをどうぞ!