渋谷で個室で気軽に休憩・仮眠できるネカフェに行きたい!

…という話なら、ここが穴場でオススメです。

 

ということでこんにちは、20代怠け者(@20sInvest)です。 

先日、渋谷で数時間ほど時間を潰さないといけないタイミングがありました。

少し探してみたところ、以下の条件を兼ね揃えたネットカフェ「ネットルームマンボー」が新たに渋谷にオープンしていたようなので、潜入してきましたよ。

  • 完全個室
  • フルフラットシート
  • 部屋の電気を完全消灯可能
  • テレビあり
  • パソコンあり
  • シャワーあり
  • 電源あり
  • 24時間営業

 

このネットルームマンボーを使ってみた感想と費用、内部の写真などをまとめています。

ネットカフェというと割と野暮ったいイメージがありましたが、ここは2019年9月にオープンしたばかりで、かなりキレイで使いやすい印象でした。

快適に仮眠が出来るかなど、実際に使ってみた感想などもまとめています。

簡易休憩の参考までにどうぞー。

【施設情報】ネットルームマンボー

今回潜入してきたのは「ネットルームマンボー 渋谷道玄坂店」です。

 

住所は「東京都渋谷区道玄坂2-27-5」

大通りではなく少し奥まったところにあります。

道玄坂のメイン通りから少し中道に入って、ラブホテルが立ち並んでいる坂の小道に立地しています。

渋谷に詳しい人なら「ヤマダ電機やタコベルがある道のあたり」といえばわかりやすいかなと。


 

「ネットルームマンボー 渋谷道玄坂店」の設備はこんな感じです。

  • 営業:24時間
  • 部屋:完全個室 (ペアシートあり)
  • 施錠:全部屋施錠可能
  • シート:フルフラット
  • デスク:あり
  • 電源:あり
  • WiFi:あり
  • テレビ:あり
  • パソコン:あり (利用には会員登録が必要)
  • トイレ:あり (共用)
  • シャワー:あり
  • 漫画:なし
  • 雑誌:なし
  • ドリンク:有料 (自販機のみ)
  • アメニティ:有料 (自販機のみ)

 

漫画や雑誌を読んだり、無料でドリンクを飲んだりはできません。

このように、完全個室の休憩ルームが並んでいるだけで、漫画類は一切ないので、完全に「個室でゆっくり休憩・仮眠したい」という人向けのお店だといえます。

 

逆に言えば、漫画などを読むでもなく、単純に数時間〜半日ほど時間を潰したい、または仮眠したい…ということならこのネットルームで充分でしょう。

電源・WiFi・デスクはあるので、ちょっとしたPC作業にも良いと思います。

ぼくも3時間の休憩のために利用しましたが、完全個室でゆっくり出来て1200円(これで休日価格!)だったので、かなりコスパの良い休憩所だと思います。

 

店舗の公式ページ・WEB予約はこちら

【料金】利用料金まとめ【2020年3月時点】

ということで、重要な利用料金のまとめです。

席の種類としては3種類あり、

  • スタンダード:一般的な個室
  • デラックス:ペアシートを個人利用
  • デラックスペアシート:ペアシートを2名で利用

という感じです。

  ※2020年3月時点での料金プランです。
※5時間プランは平日・10〜17時の間でのみ利用可能です。
※ペアシートは2名で利用した場合の合計料金です。
※自動延長は10分で110円加算されます。

平日の料金

利用時間スタンダードデラックスデラックス
ペアシート
30分¥200¥250¥500
3時間¥1000¥1200¥2000
5時間※¥1600¥1800¥3200
8時間¥2000¥2200¥4000
12時間¥2500¥2700¥5000
24時間¥3300¥3500¥6600

休日料金

利用時間スタンダードデラックスデラックス
ペアシート
30分¥300¥350¥700
3時間¥1,200¥1,400¥2,400
8時間¥2,200¥2,400¥4,400
12時間¥2,700¥2,900¥5,200
24時間¥3,500¥3,700¥7,000

 

料金としては、だいたい1時間・200〜300円ぐらいという感じです。

個室・フルフラットシートで休めるというコストパフォーマンスを考えると、これぐらいの価格帯ならかなり安いです。

近場にはラブホも立ち並んでますが、これらで休憩しようとすると3時間で4000〜5000円ぐらい行きますから、それらを比べると単なる時間つぶし・休憩なら圧倒的コスパの良さです。

(まあもちろん、休憩の意味が違いますけどね!)

【写真】個室はこんな感じ

ということで、実際の内装や個室の様子もいくつか写真を撮ってみました。

共用部・通路はこんな感じです。 2019年にオープンしたばかりということもあって、かなりオシャレな作りになってます。

漫画類は一切置いてないのでかなりシンプル、通路に個室が立ち並んでるだけ、という感じです。

薄暗いイメージのあるネカフェと比べると、狭いながらもかなり雰囲気は明るいですね。

 

個室のドアノブはこんな感じ。

入室時に鍵を渡されるので、その鍵で解錠、中から施錠。 といった感じです。

しっかり施錠しておけば、うっかり間違えて入ってこられる心配もないので安心感があります。

 

ということで、こちらが個室。

部屋もシンプルで、フルフラットのシートにデスクとテレビがついている、というだけのつくりです。

枕代わりになるクッションもついてました。

パソコンは、会員登録しないと利用できないようです。

 

デスク周りは結構余裕があるので、自前でPCを持ち込んでも全然ゆったり使えると思います。

ネカフェのイメージって、狭くて自分のパソコンを置けるような環境じゃない所が多いんだけど、ここは割とすっきり利用できますね。

【実感】個室の防音性や快適さなどは?

フルフラットマットではありますが部屋とマット自体はそれほど大きくなく、寝転がるには少々狭い気がします。

ぼくは身長170センチほどですが、それでも横になると足がギリギリ奥の壁に付くぐらいだったので、少し斜めになりながら数時間ほど寝てました。

高身長の人は、少々つらいかもしれません。

また、枕代わりのクッションはあるものの、ブランケットや掛け布団のようなものはありません。

 

防音性についてですが、正直ほとんど期待できません。

通路の音は普通に聞こえるし、別の部屋のテレビか通話の音声?も、少しながら聞こえるという感じです。

おそらくは、部屋で出した音は通路にも聞こえるので、音を出すようなことはやめた方がいい気がします。

 

個室は完全防音ではありません。

あくまで壁と鍵で区切られた個室だ…というぐらいで考えておくほうが無難かなと思います。

気になる人は、事前に耳栓を持ってきておいた方がよさそうですね。

 

一応、このように他のお客様の迷惑にならないように音量など気をつけましょう、というような掲示もあるので、店側としても多少は配慮しているのだと思います。

明らかに騒音を出しているような部屋があれば、スタッフに言って対応してもらうのが良いのではないかなと。

 

ちなみにぼくが利用したのは朝6時〜昼ごろでしたが、この時間帯は静かなものでした。

やはり客層的にも、漫画や動画で時間を潰すというよりも「単純に寝る」という人が多そうなので、よほど運が悪くない限りは、騒がしいというほどではないと思いますよ。

 

【感想】ネットルームマンボーはオススメか?

さて、利用してみた感想ですが、ざっくりまとめると「数時間の利用なら全然オーケー」「半日・1日の利用はちょっとつらいかも」という感じです。

 

共用部や部屋の作りはかなりキレイで、トイレもきれいに清掃されてました。

不快感なく使えると思いますが、やはり個室は完全に区切られているので、少しホコリっぽい感じがします。

個室ごとにエアコンがあるわけではないので、換気はイマイチです。

 

また、暖房・冷房もコントロールできないので、季節によっては少し寒い・暑いと感じるかもしれません。

ぼくが利用したのは3月でまだまだ寒い時期でした。 室内はもちろん外ほど寒いわけではないにせよ、ブランケットもなかったので仮眠を取るにしては少々寒いな、と感じました。

(ブランケットは1階の支払いカウンターと自販機で、800円で購入できるようです。)

 

こうしたことを換算すると、あくまで数時間の仮眠・休憩用と考えて利用したほうが無難な気がしますね。

ちょっと横になってゴロゴロしたい・仮眠含めてゆったりしたい…ということなら、3時間で1000円、8時間でも2000円ですから、かなりリーズナブルです。

自動延長が10分ごとに110円と結構高いので、滞在時間がハッキリしないなら8時間・12時間で長めにとっておいてゆっくりする、という感じが良いのではないかなと。

 

以上、ご参考までに!

それでは!

 

【参考】海外旅行に行くならエポスカードを「作っておくだけ」でお得

海外旅行の保険といえばクレジットカードの付帯保険が便利ですが、その中でも実は一番便利なのが「エポスカード」です。

メリットは以下の3つ。

  1. メリット①:海外旅行保険が持っているだけで自動付帯される
  2. メリット②:携行品損害も自動付帯される (20万円〜)
  3. メリット③:年会費無料

 

つまり、作っておくだけで無料で20万円までの携行品損害(持ち物の紛失や破損に対する補償)がもらえるわけです。

「旅行中にエポスカードを使わないといけない」という制限もなく、海外旅行に行く人の隠れ必須クレカです。 詳しくはこちらをどうぞ!