参加者同士でのプライベートチャットを禁止したい!

…という要望に、この記事ではお答えします。

 

こんにちは、20代怠け者(@20sInvest)です!

Web会議では、以下の2通りの方法で文字だけ・テキストチャットが可能です。

  • 参加者全体にテキストを送る (パブリック)
  • 参加者1名だけにテキストを送る (プライベート)

 

こうしたテキストチャットは禁止したい!

…という主催者の方もいるかもしれません。

例えば、学校の授業としてZoomのWeb会議を使っている…という場合は、生徒同士でのチャットは無効化しておく方が良いでしょう。

(授業の内容に関する話ならまだしも…こういう場合、関係ない雑談に発展する可能性が大いにあるので…)

 

この記事では、主催者がテキストチャットを管理・禁止する方法をまとめました。

早速見ていきましょう。

 

【関連記事】参加者同士でテキストチャットする方法は、こちらにまとめました

【手順】テキストチャットを管理・禁止する方法

  テキストチャットの禁止・無効化は、Web会議の主催者(ホスト)にしかできません。

そのため、この記事での説明は、主催者の操作方法をご紹介しています。

 

まずはWeb会議画面の下メニューから「チャット」をクリックしましょう。

 

すると、このような画面が右側にポップアップしてきます。

こちらがテキストチャットの画面です。

そのまま、この画面の下部の「…」部分をクリックしましょう。

 

すると、このようなメニューが表示されてきます。

このメニューにて、テキストチャットの管理が可能です。

【管理】テキストチャット管理のメニュー

それぞれの項目の動きはこんな感じです。

  • 該当者なし:誰にもチャットをさせない(完全禁止)
  • ホストのみ:主催者のみとチャット可能
  • 全員をパブリックに:全体に見える形でのみチャット可能
  • 全員をパブリックおよびプライベートに:全体チャットと1対1チャットのすべてが可能

 

すべてのチャットを禁止し、音声での通話のみにしたいのであれば「該当者なし」を選びます。

一番厳しいルールがこれですね。

 

参加者同士のチャットは禁止、

しかし主催者(例えば先生など)への質問は許可するよ、ということであれば「ホストのみ」を選びましょう。

 

チャットするなら全体に見える形でしなさい!

…ということなら「全員をパブリックに」に設定します。

 

すべて許可する・自由な状態にするなら「全員をパブリックおよびプライベートに」に設定する…といった形ですね。

Web会議の性質上で、このうちのどれを選ぶか決めてみてください。

まとめ

このように、主催者は比較的柔軟にテキストチャットの禁止・無効化などが設定可能です。

やはり、学校での授業などの場合は、この辺をしっかり設定しておいて、ムダなおしゃべりは禁止しておくのが無難ですね(笑)

 

当ブログ・TipstourではZoomの操作方法を解説しています。

Zoomについての操作方法は、こちらのリンクからどうぞ!

Zoomの使い方・記事一覧はこちら

 

以上、ご参考までに!

それでは!