Zoomは無料版でどこまで使えるの?

無料版から有料版にすることで、どんな機能が利用可能になるのか知りたい!

…という方にために、無料版と有料版の違いについて、カンタンにわかるように早見表をまとめました。

 

ということでこんにちは、20代怠け者(@20sInvest)です。

Zoomには、1つの無料プランと、3つの有料プランがあります。

  • 基本プラン (無料)
  • プロプラン (1人あたり2000円/月)
  • ビジネスプラン (1人あたり2700円/月)
  • 企業プラン (1人あたり2700円/月)

 

この記事では、無料版と、それ以上の有料版プランでそれぞれできることに違いについて、わかりやすくまとめました。

無料版でどこまで可能なのか、

そして、有料版を入れる必要があるのはどんな人なのか、順々にまとめています。

それでは、早速見ていきましょう!

 

有料プラン内での細かい機能の違いについては、公式サイトの料金プランページをご覧ください

【概要】無料版と有料版の違い・早見表

さて、Zoom無料版と有料版の違いについて、ざっくりとまとめました。

以下の図をご覧ください。

 できること
無料版・1対1のWeb会議(無制限)
・3人以上のWeb会議(40分まで)
・Web会議の同時接続数は100人まで
・ビデオチャット
・ボイスチャット
・画面共有
・バーチャル背景
・アプリ版の利用
・ブラウザ版の利用
・Chrome拡張機能の利用
・Outlookプラグインの利用
・iPad/iPhoneでの画面共有
・SSL暗号化
・AES 256ビット暗号化
有料版無料版の機能すべてと、以下を含む
・3人以上のWeb会議(無制限)
・Web会議の同時接続数は1000人まで
・ユーザ管理機能
・使用状況のレポート機能
・スケジューラ機能
・Web会議の映像データのクラウド保存
・Web会議のチャットデータのクラウド保存
・1万人以上参加可能なWebセミナーの開催(追加オプション)
・専用電話サポート(ビジネスプラン以上/英語のみ)
・中国のサーバを経由しないルーティング設定

【違い①】大きな違いは3人以上のWeb会議の時間制限

無料版と有料版の大きな違いは、3人以上のWeb会議の通話時間です。

無料版では、3人以上のWeb会議は最長40分までに制限されています。

プロプラン以上の有料版の場合、3人以上のWeb会議でも時間制限なしで利用可能です。

 

大きな違いは、やはりこの時間制限にあるといえます。

もし、1対1でのパーソナルな会議しかしないよ、という話であれば、無料版でも充分ことが足ります。

わざわざ有料プランに登録するメリットは、ほとんどないです。

 

逆に、3人以上のグループでWeb会議をするという場合、40分の制約はなかなかわずらわしいものがあります。

参加人数が少ないうちは、40分の制限が終わったらまた新しくWeb会議を開催して参加しなおす…

という回避策も可能でしょうが、参加人数が多くなるにつれて手間は非常に増えていきます。

3人以上のWeb会議を頻繁に行うという場合、プロプラン以上の有料版に登録するのがベストです。

 

  ちなみに、Web会議の主催者(ホスト)が有料版アカウントの利用者であれば、その他の参加者が無料版アカウントであっても、Web会議の時間制限はありません。

費用を抑えたいということであれば、参加者全員が有料版アカウントに登録する必要はなく、誰か1人だけ、有料版アカウントに登録すればOKです。

【違い②】基本的なWeb会議機能は無料版でも使える


Yalcin Sonat / Shutterstock.com

基本的なWeb会議の機能は、無料版でも利用可能です。

ビデオチャット、ボイスチャットは当然できますし、バーチャル背景機能も利用できます。

操作しているウィンドウ・アプリなどの画面を共有する画面共有機能も、無料版の範囲内で利用可能です。

 

有料版でしか使えない機能は、基本的に複数人で仕事をする際に使うものだけです。

  • ユーザ管理機能
  • 使用状況のレポート機能
  • スケジューラ機能

 

このように、社内・グループ内で管理しながらZoomを利用する場合は、有料版の機能が必要です。

しかし、前にも言ったように個人で利用する場合などは、こうしたユーザ管理機能はほとんど使う必要がないでしょうから、無料版でも充分だと言えますね。

【違い③】料金プランごとのセキュリティの問題


Anelovski / Shutterstock.com

Zoomはセキュリティ上の懸念点も多くありますが、料金プランによってセキュリティ機能は変わるでしょうか?

まず、無料版にも基本的なセキュリティ機能、要件は含まれています。

  • SSL暗号化
  • AES 256ビット暗号化

 

無料版だからといって、全く暗号化されていないWeb会議をインターネット上に垂れ流している…ということはないので、その点は一安心です。

ただし!

Zoomには、そうした技術的な機能とは別の所で、セキュリティ上の問題が多く指摘されています。

詳しくは、こちらの記事にまとめていますので、合わせてご覧ください。

 

上記記事をざっくりと一言でまとめると、中国のサーバを経由してWeb会議データが通信されていたという問題があります。

そのため、中国国内のサーバに暗号化のキーが保存されており、中国政府が要求した場合、Web会議の映像データなどが中国政府に漏れてしまう可能性がある、というものです。

 

これについて、Zoomでは2020年4月13日に、有料版アカウントであれば「中国のサーバを経由しないルーティング設定」が可能なようにアップデートする、と発表しています。

ルーティング設定とは、どの地域のサーバを経由してWeb会議を行うか、利用者が自由に選択できるというものです。

中国国内のサーバを経由したくないということであれば、有料版アカウントでは日本国内のサーバだけを経由するという設定が可能になります。

 

4月18日のアップデート以降、この機能が提供されるとのことです。

この機能を使えば、より安全性が高まるということになりますね。

 

  無料版ユーザの場合、サーバのルーティング設定は自動で決定されることになります。

これは逆に言うと、「無料版ユーザは中国国内のサーバを経由してWeb会議が行わえる可能性がある」ということでもあります。

セキュリティ上の懸念がどうしてもある…ということであれば、無料版Zoomは避けた方が良いです。

【まとめ】無料版・有料版の大きな違い

ということで、無料版・有料版の大きな違いを大きくまとめると、こんな感じです。

  • 無料版では3人以上でのWeb会議に時間制限がある
  • 無料版ではユーザ管理機能が使えない
  • 無料版では接続するサーバを選べない
    (中国経由で通信される可能性がある)

 

無料版と有料版の違いを踏まえたうえで、Zoomを賢く利用したいものですね。

ひとまず無料版アカウントの登録方法、アプリのインストール方法については、こちらの記事に詳しくまとめています。

引き続き、こちらの記事もご覧くださいませ!

 

以上、ご参考までに!

それでは!