パーティションクローン・MBR/GPT変換ならPartition Master Free

  • Windows11で勝手に音量が変わってしまうのを防ぎたい
  • 自動音量調整の機能を無効化する方法を教えてほしい

この記事では、以上の疑問にお答えします。

 

音量を下げたはずなのに、突然上がったり下がったりするとビックリしますよね。

この記事では、Windows11で音量が勝手に上がる・下がるのを防ぐ方法について解説しています。

 こちらの画面は、Windows11 Homeエディションの2022年1月の最新バージョン(ビルド:22000.556)での動作となります。

 

【手順①】「サウンド」の通信タブの設定を見直す

音量設定は、コントロールパネルの「サウンド」から変更できます。

まずは、「Windows」キーを押し検索窓で「コントロールパネル」と入力しましょう。

windows-startmenu

コントロールパネルを開いたら、「サウンド」をクリックします。

control-panel-sound

下記画像が表示されたら、「通信」タブをクリックし、「何もしない」を選択すると、音量調整されなくなります。

sound-communication

【手順②】再生タブの設定を見直す

上記の手順でも音量が変わる場合は、再生タブの設定を見直しましょう。

「サウンド」までは同じで、次は再生タブを開き「プロパティ」を開きます。

sound-play

そして、詳細タブをクリックし、「アプリケーションによりこのデバイスを排他的に制御できるようにする」のチェックを外してください。

sound-property

おそらくはこれで、音量が勝手に変わらくなったはずです。

 真ん中に「拡張」タブが出てくる方は、「すべてのサウンド効果をオフにする」のチェックも入れてください。

まとめ

以上、Windows11における音量が勝手に上がる・下がるのを防ぐ方法について解説しました。

当ブログ「Tipstour」では、Windows11関係の操作方法やトラブル対処方法など、詳しくまとめています!

こちらの記事もぜひ、あわせてご覧ください。

Windows11の関連記事