PC引っ越し・ゲーム移行ならToDo PCTrans Free

この記事ではWindows11でiTunesを入れる方法について解説しています。

  こちらの画面は、Windows11 Homeエディションの2022年1月の最新バージョン(ビルド:22000.376)での動作となります。

【注意点】iTunesには2通りのインストール方法がある

事前に知っておきたいのが、iTunesのインストール方法には2種類があり、そのうち1つには制限があるという点です。

  • ①マイクロソフトストアからインストールする方法
     【端末との同期で制限あり】
  • ②アップルから直接ダウンロードしてインストールする方法
     【制限なし】

 

手順としては①のマイクロソフトストアからダウンロードしてくる方法が簡単なのですが、iPhoneやiPadなどのデバイスを接続した際に、正しく同期されないという制限があります。

これはマイクロソフトストア版のiTunesのセキュリティ設定によるものと考えられます。

本来iPhoneを接続して音楽を同期したり、バックアップを取ったりするはずのiTunesが、ただの音楽再生ソフトとなってしまうのですね。

そのため、アップル公式サイトから直接ダウンロードしたiTunesをインストールすることをオススメします。

 

詳しくは、こちらの記事もあわせてご覧ください。

【手順①-1】スタートボタンからMicrosoft Storeを開く方法

とはいえ、マイクロソフトストア版をインストールしたいという場合もあるかもしれませんので、両方のインストール方法をご紹介していますね。

 

デスクトップ画面のタスクバーに配置された「スタートボタン」をクリックします。

もしくはメインキーボードにあるWindowsボタンを押下してスタート画面を表示させるステップです。

スタートボタン

スタート画面が表示されたら、ピン留めされた「Microsoft Store」アイコンをクリックします。

スタート画面

Microsoft Storeのトップ画面が立ち上がると画面中央部に「トップ無料アプリ」が表示されますので、「iTunes」を選択し、次に進めるステップです。

Microsoft Store

もしも、Microsoft Storeのトップ画面に「iTunes」が表示されていなければ、検索ウインドウなどで見つけ出してください。

【手順①-2】Microsoft Store にあるiTunesをダウンロードする方法

「iTunes」を選択しクリックすると「iTunes」のインストール画面に移行します。

「iTunes インストール」画面の右上部に配置された「インストール」ボタンをクリックして次に進めるステップです。

iTunesインストール

「iTunes インストール」ボタンをクリックすると数秒でダウンロードが開始され、約数分間でダウンロードとインストールが完了します。

(インターネット環境により若干ダウンロードに時間が掛かる場合があります。)

iTunesダウンロード

【手順①-3】iTunes を開き、Apple IDを新規作成する方法

「iTunes」のダウンロードとインストールが完了すると「iTunes」の画面に「開く」ボタンが表示されますので、「開く」ボタンをクリックして次に進めるステップです。

iTunes開く

「iTunes」「開く」ボタンをクリックすると「iTunesソフトウェア使用許諾契約」の画面が表示されますので、「同意する」をクリックします。

使用許諾契約

「iTunesソフトウェア使用許諾契約」に同意すると「iTunes」が開きますので、内容を確認して再度、「同意します」ボタンをクリックし次に進めるステップです。

iTunesようこそ

「iTunes」のようこその画面で同意すると、「iTunes Storeに移動」もしくは「iTunes Storeにサインイン」のボタンが表示されます。

iTunesサインイン

「iTunes Storeにサインイン」のボタンをクリックすると既に「Apple ID」を保有している場合は「iTunes」にサインインすることが可能です。

Apple ID

「Apple ID」を新規作成する場合は、「iTunes Storeにサインイン」の画面左下に配置された「Apple IDを新規作成」ボタンをクリックして「Apple ID」を作成します。

Apple ID作成

上記の画面が表示されますので、内容を確認して「続ける」ボタンをクリックして次に進むステップです。

Apple ID作成内容

「Apple IDを作成」の画面が表示されたら、必要事項を入力して「続ける」ボタンをクリックして次に進めます。

ここから先は「Apple IDを作成」のステップに従ってApple ID作成を完了してください。

すべてのアプリ

すべての手順が完了すると「すべてのアプリ」画面に配置された「I」の項目に「iTunes」が新規追加され、インストールの完了です。

【手順②】アップルから直接ダウンロードしてインストールする方法

さて、続いてアップル公式サイトからiTunesをダウンロード・インストール方法をご消化しいます。

iTunesのダウンロードはこちら

iTunesダウンロードページ

上記のページを開き、もし以下のように「Windows用の最新バージョンをダウンロードできます。」という表示がされていたら、ページを下部にスクロールして「ほかのバージョンをお探しですか?」という表示の右横にある「Windows」のテキストリンクをクリックします。

iTunesダウンロード64

新たなページに移動し「Windows用の最新バージョンをダウンロードできます。」の表示の下にある「今すぐWindows用のiTunesをダウンロード(64ビット版)」をクリックするとダウンロードが開始されます。

ダウンロード中

(32ビット版のWindowsを使っている場合は、その下のリンクから32ビット版をダウンロードしてください。)

あとは「Windowsインストーラー」の指示に従ってインストールしてください。

基本的な方法は、手順①でご紹介したものと同じです!

インストーラー画面

まとめ

以上、Windows11でiTunesをインストールする方法でした。

当ブログでは、Windows11関係の操作方法などを詳しくまとめています。

当ブログ「Tipstour」では、Windows11関係の操作方法やトラブル対処方法など、詳しくまとめています!

こちらの記事もぜひ、あわせてご覧ください。

Windows11の関連記事