この記事を読むと、以下の問題が解決できます。

  • YouTubeの動画埋め込み画面で、動画のサイズが指定出来なくなってしまった。
  • 手動で数値を入れ替えればサイズが変えられるので、適切なサイズをサクッと知りたい

 

YouTubeでWebページやブログに動画の埋め込みをしたことがある人ならお気づきだと思いますが、動画サイズが固定になっており、カスタマイズすることが出来ません。

 

以前のYouTubeの動画埋め込みは、この画面で自由にサイズを指定できたのですが、2019年1月時点で、そのようなカスタマイズは出来なくなっています。

対策としては、HTMLタグの数値を手動で書き換えることでサイズを変更出来ます。

しかし、それでサイズを変えることが出来るのになぜこのカスタマイズ画面からサイズの指定項目を消したのでしょうね?

謎です。

 

というわけで、動画のアスペクト比ごとに、どのサイズが最も適切なサイズとなるか、早見表をつくってみました!

早見表は、以下のパターンを用意しました。

  • 16:9の動画
  • 4:3の動画

ご参考までに、それではどうぞ!

16:9の動画のサイズ早見表

横幅縦幅備考
480270
560315デフォルトのサイズ
600338
800450
1080608
1280720720p
192010801080p

 

上記のピクセル数にHTMLタグの数値を設定することで、ちょうど16:9の比率の動画サイズとして適正なサイズで表示することが可能です。

 
  • width: 横サイズのピクセル数
  • height: 縦サイズのピクセル数


4:3の動画のサイズ早見表

動画のアスペクト比が4:3だった場合の早見表はこちら。

横幅縦幅備考
480360
560420デフォルトのサイズ
600450
800600
1080810
960720720p
144010801080p

 

以上、ご参考までに!

それでは〜。