Internet経由で自宅のWinPC/Macにリモート接続できる「Splashtop Anywhere Access Pack」を購入してみた


splashtop_Cap 2015-09-07 12.43.02

はいこんにちわ。 WindowsPC/MacやモバイルデバイスというOSの垣根を関係なくリモート接続できるSplashtopの紹介。

同一ネットワーク内での接続は基本的に無料でできるのだけど、Internet経由や別ネットワーク間でのリモート接続については、Anywhere Access Packという有料プランを購入する必要があります。

色々とSplashtopを使ってみて、Internet経由でのリモート接続も使える機会がけっこうありそうだったので、Anywhere Access Packを購入してみました。 そんなに高価でもないですよ。

スポンサードリンク

関連記事

Splashtopとは

Splashtopについては、以前に詳しく記事で紹介しています。 下記リンクへどうぞ。


自宅内でPC/Macをリモート操作するなら無料の「Splashtop Personal」が最適ですよ | Tipstour

Anywhere Access Packで何ができるのか

さて、Internet経由でのリモート接続にはこのPackが必要です。

2015年9月現在で16.99ドル/年です。 現在のレートは少し円高に触れて118円になっているので、だいたい2020円ほど。 月額で割ると168円/月ですね。

Packと言っても何が物理的なモノを買うわけではなく、有料プラン(サブスクリプション)に登録するという風に考えてもらえばOKです。 1ヶ月168円なら、それほど大した出費でもないんじゃないかな。 と、僕は思います。

購入してみた

というわけで、実際に購入してみよう。

…購入する前に一旦、Splashtop Personalの画面から、自宅以外のWiFi環境を使って接続しようとしてみます。

別ネットワークのコンピュータの場合、こんな感じのアンテナマークが付いてます。 この状態で接続しようとすると…。
Cap_2015-09-08_13_35_25

接続できません。 Anywhere Access Packを買ってね! というウィンドウですね。
Cap 2015-09-08 13.35.34

実際に購入するにはこのまま「購読」をクリックしてもよし、トップ画面の歯車アイコンから、購買の画面へ進んでもよし。
Cap_2015-09-08_13_35_25B

どちらにせよ、Splashtopのマイアカウントのページに飛ばされます。 ここで再び購買をクリックすると…。
Cap 2015-09-08 13.36.21

ここでようやくクレジットカード情報、もしくはPayPalの情報入力の画面に移ります。 年間の購買だけでなく、月単位でも購入可能みたいですね。 (1.99ドル/月)
Cap 2015-09-08 13.36.34

問題なければ購入成功。
Cap 2015-09-08 13.38.48

Splashtopのページ上にも、ちゃんと購買済みと出てきます。 1年単位で購入したので、利用期限もちゃんと表示されてますね。
Cap 2015-09-08 14.47.57

使ってみた

さて、実際につなげてみよう。

さきほどのSplashtop Personalの画面から、接続。

すると、しっかり自宅PCのWindows7に接続することができました。 よしよし。
Cap 2015-09-08 13.40.05

必要な帯域

接続直後は画面の画質が粗いようにも感じたのだけど、3〜5秒くらいしたら安定して、普通のリモートデスクトップのような感じで利用することができました。

Internet経由の接続だからといって、別に画質クオリティやレスポンスが遅くなる、ということはなさそうです。

とはいえ、実際にはその接続しているWiFi環境やネット環境の速度に依存するものと思います。 ただそれでも、実際のところ1Mbpsもあれば十分そうです。

 

たぶん画面切り替えが多いような、映像の動くもの(要するに動画類)を転送しようとすると、もう少し帯域が必要になりそうだ。

実際に、WindowsでYouTubeの動画を再生してSplashtop経由で閲覧してみると、だいたい5〜20Mbpsの通信が断続的に発生しているような感じでした。
Cap 2015-09-08 13.55.44

自宅内での通信ならまあいいかなという感じだけど、リモート接続でやる場合、モバイル環境で動画を見ようとするのは、辛いかな。

ちょっとした作業をネット環境越しにやるだけであれば1Mbpsもあれば十分なんじゃないかなー、と思います。

スポンサードリンク

 

やっぱり、ノマドワーカーのような移動しながら色んな場所で接続して、作業するというようなユーザにこそ向いているサービスですね、これ。

ある意味、サーバ/クライアントのような関係で、難しい処理は自宅PC、場合によってはワークステーションやサーバーに任せてしまうというシンクライアント的な利用もできそうです。

 

…出来そうというか、そういうサービスをSplashtop Businessという形で既にサービスとして売りだしてました。


Splashtop Business | 製品・サービス | splashtop

企業レベルで、複数人で使うのであればやはりBusinessプランが良いのでしょうね。 僕のような個人で使うレベルであれば、年額16.99ドルのAnywhere Access Packでも必要十分な気がしてます。

 

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly