いつものExcel作業を時短・自動化して早く帰宅しよう!
TipstourではExcel時短テクニックを多数掲載しています。

 

Excel時短テクニック記事・一覧

今年の年数を表示する関数を今すぐ知りたいんですが!

…という方に向けて、この記事を書きました。

 

ということでこんにちは、20代怠け者(@20sInvest)です。

例えば2020年ならそのとおりシンプルに「2020」と表示することですね。

今年の年数をExcelで表示することは可能です。

その関数式をまとめましたので、早速見ていきましょう。

【関数】今年の年数を表示する関数

さて、今年の年数を表示する関数式は以下のとおりです。

こちらをそっくりそのままコピペすれば、現在の年数が取得できます。

=year(today())

 

実際に入力してみた画面がこちら。

このセルに「=year(today())」と入れてみます。

 

現在は2020年ですので、「2020」と表示されました。

 

この年号は数値データとして入力されていますので、数値として計算することが可能です。

例えば、来年の数値を出そうとした場合は単純に「=year(today())+1」と入れてあげれば、来年の年数が計算できます。

【書式】「2020年」と表示したい場合の書式設定

この状態だと数値で「2020」と書いてあるだけなので、「2020年」と表示したい場合は書式を変更する必要があります。

「セルの書式設定」→「ユーザー定義」に、以下の記述をコピペしましょう。

####"年"

 

これで、2020年表記になったはずです。

【解説】使っている2つの関数の役割

さて、今回紹介したExcel関数式では、2つの関数を使っています。

YEAR関数TODAY関数です。

この2つを組み合わせることで、今年の年数を自動的に取得することが出来るわけですが、それぞれの関数の役割を少し解説してみます。

 

YEAR関数
日付データから、年数にあたる数値を取り出す関数。

これ単体では動かず、必ずなにかの日付データを指定する必要がある。

=year(日付データ)

TODAY関数
今日の日付を日付データ(シリアル値)として出力する関数。

TODAY関数は取り出す対象のデータを指定する必要はなく、以下の関数式を入れればそれだけで動作します。

=today()

 

つまり、この関数式でやっていることは以下の通りですね。

  • TODAY関数で今日の日付データを取得
  • YEAR関数で、その日付データを指定
  • YEAR関数から今日の日付の年数だけを取り出す

 

ちなみに、TODAY関数のみを実行すると、このような出力になります。

 

以上、ご参考までに。

それでは!