シンプル・スマートな画面録画ソフト EaseUS RecExperts
【参考】Windows11の面倒な作業を自動化して自由な時間を取り戻そう

Windows11について詳しく解説します

この記事では、Windows11の付箋アプリのショートカットキーを一覧にまとめています。

Windows11アプリのショートカット操作一覧はこちら

 
【新機能】わからないことはAIに聞いてみよう
質問内容を入力すると、皆さんの疑問にAIがお答えします。

※当機能は現在ベータ版です。 予告なく公開終了する場合があります。

Windows11「付箋」アプリのショートカットキー操作一覧

操作ショートカットキー
太字Ctrl + B
斜体Ctrl + I
下線Ctrl + U
取り消し線Ctrl + T
箇条書きCtrl + Shift + L
付箋のすべてのテキストを選択Ctrl + A
選択したテキストをクリップボードにコピーCtrl + C
選択したテキストをクリップボードへ切り取りCtrl + X
クリップボードのテキストを貼り付けCtrl + V
直前の操作を元に戻すCtrl + Z
直前の操作を繰り返すCtrl + Y
行の先頭へ移動Home
行の末尾へ移動End
付箋の先頭へ移動Ctrl + Home
付箋の末尾へ移動Ctrl + End
次の語を削除Ctrl + Delete
現在の付箋を閉じるCtrl + W
現在の付箋を削除するCtrl + D
付箋アプリを閉じるAlt + F4
メモリストまたは1つのメモから新しい付箋を作成Ctrl + N
すべてのノートの一覧にフォーカスを移動Ctrl + H
開いているノートとノート一覧の間を循環Ctrl + Tab
開いているノートとノート一覧の間を逆順に循環Ctrl + Shift + Tab
左へ1単語分移動Ctrl + ←
右へ1単語分移動Ctrl + →
直前の単語を削除Ctrl + BackSpace
ノートリスト内の任意の付箋を検索Ctrl + F
検索ボックスで検索語句を削除しメモリストに戻るEsc

【印刷用】Windows11「付箋」アプリのショートカットキー

付箋アプリのショートカットキーの一覧をいつでも手元で参照できるよう、印刷用のPDFファイルを用意しました。

このPDFはコンパクトに、必要な情報だけを簡潔にまとめています。

デスクトップでの作業中、または手元に紙として置いておきたい方は、ぜひダウンロードいただきまして、印刷して手元においていただければと思います。

 

 

 
この記事で解決しなかった疑問は疑問はAIに聞いてみよう
質問内容を入力すると、皆さんの疑問にAIがお答えします。

※当機能は現在ベータ版です。 予告なく公開終了する場合があります。

Windows11の「付箋」の関連記事

  • PC起動時に付箋を自動的に起動&表示する方法
  • 付箋のデータをバックアップする方法【ローカル/クラウド】
  • 付箋の内容を実際の紙に印刷する方法
  • 作成した付箋をスマートフォンから確認する方法まとめ
  • 付箋のデータが入っているフォルダーの場所と開き方を解説
  • 付箋アプリを再インストールする方法まとめ
  •  

    Windows11にも対応のショートカットキー事典はこちら