パーティションクローン・MBR/GPT変換ならPartition Master Free

Windows11で作成した付箋をスマートフォンでも見たい!

…という方向けに、この記事を書きました。

オフィスで作成した付箋。出先で内容を確認したいときってありますよね。

この記事では、Windows11で作成した付箋をスマホで確認する方法について解説しています。

 こちらの画面は、Windows11 Homeエディションの2022年1月の最新バージョン(ビルド:22000.493)での動作となります。

【手順①】付箋をスマホで確認する方法

結論からいうと、「OneNote」を使います。

そもそも、付箋はOneNoteに組み込まれているアプリなので、パソコンと同じMicrosoftアカウントでサインインすれば同期されます。

ためしに、パソコンで下のような付箋を作ってみましょう。

stickynote

この伏線を、Microsoftアカウントと同期させる必要があります。

Microsoftアカウントで付箋を同期させる手順は、以下の記事にまとめていますので、こちらもあわせてご覧ください!

【手順②】スマホでOneNoteアプリを使って付箋を確認する

PCの付箋とMicrosoftアカウントの連携が完了したら、「OneNote」アプリをダウンロードし開きます。

 筆者のスマホはAndroidですので、iPhoneの方は適宜画像を読み変えてください。

OneNoteが開いたら、パソコンと同じMicrosoftアカウントのメールアドレスを入力し、「次へ」をタッチします。

onenote

パスワードの入力を求められるので、入力し「サインイン」をタッチします。

onenote-login

サインインしたら、右下の「付箋」をタッチします。

onenote-stickynote

すると、下のような画像になります。

onenote-stickynote

パソコンで作成した付箋が、スマホでも見られました!

まとめ

以上、パソコンで作成した付箋をスマホで確認する方法について、解説しました。

当ブログ「Tipstour」では、Windows11関係の操作方法やトラブル対処方法など、詳しくまとめています!

こちらの記事もぜひ、あわせてご覧ください。

Windows11の関連記事