Excel Tips. 日付(〆切)が迫っているセルに、自動的に色を付けて目立たせる方法


excel02

Excelでスケジュール管理やWBSを作るときに覚えておくと役に立つテクニックです。

締切日が近づいてきた作業を目立たせるために、そのセルを太字の赤字にしたいことがあります。 ほぼ毎日スケジュール管理をしているなら手動でもいいですが、その辺は自動でできる機能がExcelには備わっているので、スマートなみなさんは是非、自動でやれるようにいたしましょう。

その方法についてです。

スポンサードリンク

 

日付によって赤字にする方法

手段ですが、条件付き書式機能を使います。 説明画面はExcel2010ですが、基本的な方法はExcel各バージョン共通です。

今回は、この図の日付で、期限に近いものを赤字・太字で表示するよう設定します。
2014-0820-094644

ということでまずは対象となるセルを選択したまま、Excel画面上部の「ホーム」タブから「条件付き書式」をクリック。
2014-0820-094710

次に「ルールの管理」へ。
2014-0820-095838

条件付き書式の設定画面が表示されるので、新規ルールをクリック。
2014-0820-095907

新しい書式ルールウィンドウが表示されるので、「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択します。 すると、ウィンドウに条件式を入力するバーが表示されるので、下記の数式を入れましょう。

=C3<=today()

この数式は、「対象のセルが今日の日付と同じものかどうか」というものです。 この条件にあてはまる場合は、条件付き書式が有効になるというわけですね。
2014-0820-101221

書式設定画面で、赤字の太字に設定。 これで設定を有効化してみると…。
2014-0820-100149

こんな感じで、今日の日付の部分だけ、自動的に赤太字になるようになったと思います。 (ちなみに、この記事は8/20に描いているものです。)
2014-0820-101914

入力する数式

数式にて日付を指定しているので、当然数式の値を修正すれば1日前や1週間前、1か月前など色々な日付で条件付き書式を設定できます。 下記、設定例。
2014-0820-101100

日付が今日になったものを赤字にする

=C3<=today()

日付が1日前になったものを赤字にする

=C3-1<=today()

対象セルから数値をマイナスすることで、日付を○日前に変更できます。 1日前ということであれば「-1」です。

日付が1週間前(7日前)になったものを赤字にする

=C3-7<=today()

ちなみに、この条件付き書式は複数設定できるので、1日前は赤色、1週間前は黄色、などと色んなパターンで設定することもできます。

スポンサードリンク

 

動画

まとめ

  • 条件付き書式機能を使う
  • Today関数を使って条件式を作る
  • 強調したい日付は数式を変更すれば自由に修正可能
  • 日付の複数条件を付けることも可能

やはり視覚的にわかりやすく、かつ自動化できるので多数の人間が確認しないといけないような管理表を作るのであれば有用なテクニックですね。 ぜひ覚えておくことを、おススメします。

Excel書式関係の関連記事


【Excel Expert】色フィルター機能を使ってカラーリングで表管理するワザ | Tipstour


Excel視覚テク ステータスが「済」の行を自動的にグレーアウトして進捗をわかりやすくするワザ | Tipstour


Excelの特定セルに文字列が入力されているかどうかを判定する関数 | Tipstour


Excelで土・日曜日の日付セルを自動的に色塗りする設定方法 | Tipstour


Excel Tips. 日付に曜日を入れて表示する方法。 | Tipstour

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly

 

Tags: