突然キーボードが操作できなくなる、ということ、ありませんか?

ぼくも先日、自宅のWindows10のPCでその現象が発生しました。

 

キーボードが操作できないとまず困ってしまうのは、Windowsのログインパスワードが入力できない! という点ですよね。

この問題、実は画面上にキーボードを表示させるという方法で対応可能です。

その方法をまとめましたので、ご参考までにどうぞ!

スクリーンキーボードを使おう

ログイン画面でキーボード操作ができなくなってしまった場合、「スクリーンキーボード」を使うことで、文字(パスワード)が入力できます。

スクリーンキーボードとは文字通り、スクリーンの画面上にキーボードを表示させるというもの。

このキーボード上の「a」を押せば「a」が入力され、「Enter」を押せば「Enter」が入力される…というシンプルな動きをします。

この機能を使えば、物理的なキーボードが操作できなくても、マウスさえ動けばログイン可能です!

スクリーンキーボードを表示する方法

そのスクリーンキーボードを表示する方法について、まとめていきますね。

まずは、こちらが一番はじめのログイン画面。

通常、ここでは「Enter」を押すことでパスワード入力画面に移行しますが、マウスで下から上にドラッグ(スワイプ)するだけでも次の画面に移動できます。

 

こちらがパスワード入力画面。

通常ならばここで物理的なキーボードを使ってパスワードを入力しますが、キーボードが効かない状態なので…

 

画面右下の、このボタンをクリックします。

 

すると、このようなメニューが表示されます。

ここで「スクリーンキーボード」をクリック。

 

すると、このようにスクリーンキーボードが表示されます!

 

あとは、パスワード入力欄にカーソルを合わせて、自分の設定したパスワードを入力していくのみ。

入力が完了したら通常時と同じように「Enter」を押せば、ログイン出来ているはずです!

 

以上、キーボードが動作しない時にログインする方法でした。

ログインしてWindowsが起動すれば、あとはWindows上で何かしらの解決方法が探れるはずです。

Bluetoothのペアリングがオフになってしまっていた…だったりだとか、キーボードのレジストリ設定が壊れてしまったなど、原因究明も可能です。

 

以上、ご参考までに!

それでは!

 

【参考】Windowsサポートをアウトソーシングする方法
Windowsパソコンの設定、バックアップ、トラブル対応にOffice製品の操作方法…。

果てはスマホやLINEの操作方法まで…。

色んな人から相談・丸投げされて、そのたびにトラブルシュート対応するのにウンザリしていませんか?

パソコンからスマホまで、あらゆるサポートを誰かに丸投げしてしまいたい!

そんな方には「G・O・G サポート」が最適です。

  • 電話サポート
  • リモート接続サポート
  • 訪問サポート

 

上記3つの方法で、パソコンのあらゆるトラブル対応を月額324円からサポートしてくれます。 (個人・法人サポートの両方に対応)