Windows10でBluetoothを利用しようとところ、なぜかオンに出来ない(有効化できない)という現象がありました。

今回はその現象の対応方法について書いています。

ご参考前に、それではどうぞ!

Bluetoothがオンにできない!

実際の現象はこんな感じです。

タスクバーのBluetoothアイコンを右クリックすると、このようなメニューが表示されます。

Bluetoothが有効化されてない場合、つまりオフの状態では「Bluetoothをオンにする」というボタンが表示されているはずです。

 

通常ならば、ここをクリックすればBluetoothが有効化されるはずですが、今回試してみると、このボタンを押しても押しても、ウンともスンとも言いませんでした。

特別なエラーが表示されるでもなく、何も表示されないのです。 謎。

 

また、Bluetoothアダプタを接続すると、こんな感じのメッセージが表示されることもありました。

CSR Harmonyを稼働させる有効なライセンスがありません

サプライヤにお問い合わせください

こちらも、なんのこっちゃって感じですね。

対処方法:「CSR Harmony」をアンインストールする

これらの問題ですが「CSR Harmony Wireless Software Stack」というツールをアンインストールすることで解決しました。

 

このソフトウェア、詳しくはわからないのですが、どうやらELECOM系のデバイスやBluetooth機器を使っている場合、ドライバに紛れ込む形でインストールされるツールのようです。

このツールが悪さをして(ライセンスを認識せずに?)Bluetoothの有効化の邪魔をしている…という動きをしています。

 

ということで、そのツールをアンインストールしてしまいましょう。 その方法は以下の通り。

まずはコントロールパネルを開いて、「プログラムと機能」へ進みます。

 

 
Windows10では、コントロールパネルを表示させるのに少々手間がかかります。

なんだかんだで頻繁に使うことがありますので、デスクトップ上に表示させておくことをオススメします。 表示方法は、こちらの記事をどうぞ!

【Windows10】コントロールパネルを復活させる | Tipstour

 

こちらが「プログラムと機能」の画面。

ここには、Windowsにインストールされているソフトやツール類が一覧表示されています。

 

この一覧から「CSR Harmony Wireless Software Stack」を探しましょう。

アルファベット順なので、一覧の上の方に表示されているはず。

発見したら、右クリックして「アンインストール」をクリックします。

確認メッセージが表示されるので、次へ進んでいくと、簡単にアンインストールが完了するはずです。

 

その後は、一旦Windowsを再起動してみましょう。

改めて「Bluetoothをオンにする」のボタンを押すと、Bluetoothをオンにすることが、できるようになっているはず!

(青色のBluetoothアイコンが、有効化されている証拠です。)

 

以上、Bluetoothがオンにできない場合の対応方法についてでした。

該当するメッセージや動作が発生したら、この方法を試してみてくださいませ。

それでは!

 

 
余談ですが、ELECOM公式のFAQページでも、ペアリング時の問題解決の方法として、このCSR Harmonyのアンインストールを紹介しています。

公式が「このツールが悪さしてるから消してくれ」と言うのもなんだか不思議な感じがしますが…。

少なくとも、このアンインストールは正規な対応方法だということを、付け加えておきますね。

 

【LBT-UAN04】Bluetoothマウス、キーボード等の機器とペアリングできません