ファイルをごみ箱に入れる間も惜しい!

という、せっかちな方もいるかもしれません。

たしかにファイルを削除するには、一度「ごみ箱」にファイルを移動して、そこから「ごみ箱を空にする」という操作が必要なので、ワンステップ余計にかかってしまいます。

(もちろん、それが間違ってファイルを消すというミスを防止することにも、なるのだけど。)

 

さて、今回はWindows10にてファイルを削除する際にごみ箱を経由せず、即削除する3つの方法をまとめました。

ご参考までにどうぞ。

方法1

ファイルを選択しながら、下記のショートカットキーを押すことで、即削除が可能です。

Shift + Del

 

試しに実行してみましょう。 適当なファイルを作りました。

このファイルを選択しながらShift + Delを入力すると…。

 

完全削除の確認ウィンドウが開きます。

OKなら「はい」をクリック。 これで、ファイルが即削除されます。

方法2

この方法でも、ファイルの即削除が可能です。

Shiftを押しながら右クリック削除

 

通常通りファイルを右クリックで選択して、右クリックメニューを開きます。

ここでShiftを押しながら「削除」をクリックすると、さきほどの削除確認メッセージが表示され、即削除できる流れです。

方法3

3つめの方法はこちら。

Shiftを押しながらごみ箱へドラッグ・アンド・ドロップ

 

Shiftキーを押しながらごみ箱にドラッグ・アンド・ドロップすることでも、同様に即削除が可能です。

 

ただこの方法、デスクトップのファイルを削除するのには使えますが、エクスプローラ上からはちょっと面倒かもしれませんね。

スポンサードリンク

 

まとめ

  • 方法1: Shift + Del
  • 方法2: Shiftを押しながら右クリックで削除
  • 方法3: Shiftを押しながらごみ箱にドラッグ・アンド・ドロップ

 

言うまでもなく、ファイルの即削除に共通するのは「Shiftを押しながら削除したらごみ箱を経由せずに削除できる」という点ですね。

この部分だけを覚えておけば、日常的に使える操作だと思います。

以上、ご参考までに。

それでは!

 

関連記事:Windows10の便利テクニック

この他にも、Windows10で使える便利テクニックをこのブログでは数多くまとめています。

興味があれば、ぜひどうぞ!

Windows10の関連記事 | Tipstour