【Excel Tips】「フィルター」のプルダウンボタンを表示させるショートカットキー


excel02

Excelでよく使う機能のひとつにフィルター機能がありますよね。 表の一行目にプルダウンのメニューボタンを表示する操作で、指定した条件に沿った項目のみを表示するというよく使われる機能ですが、これを毎回メニューから選んで表示、とやると軽くめんどくさかったりします。

ものぐさな割に効率厨な僕は、こういうのもショートカットキーでやりたいと思ってしまう人間なので、ショートカットキーを探してきました。

スポンサードリンク

 

フィルター機能を使うショートカットキー

ということで、フィルター機能をON/OFFするショートカットキーです。

Ctrl + Shift + L

上記のショートカットキーをフィルターボタンを表示したい表の上で入力することでボタン表示できます。 対象となる表の上で入力しないと、対象がありません!と怒られるので注意。

こんな感じ

ということで、ショートカットを使うとこんな感じで切り替えられます。 パカパカと。
2014-1202-100822_s

2014-1202-100842_s

…実はこれ以上、特に詳しく説明することもないんです。

ショートカットキーは覚えれば覚えるほどExcel作業をサクサク進められるようになるので面白いですよね。 そろそろ、Excelショートカットキー系の記事も沢山溜まってきているので、どこかのタイミングでまとめるようにしたいですね。

Excelショートカットキーの関連記事


Excelにて文字に打消し線を付ける/消すショートカットキー | Tipstour


Excelで「今日の日付」と「現在の時刻」を入力するショートカットキー | Tipstour


Excelでショートカットキーの割り当てが無い操作にショートカットキーを割り当てる方法 | Tipstour


Excelをよく使う人は覚えておかないと損。 シート・ファイルの切替ショートカットキー | Tipstour

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly