EaseUSクラウドサービスが大公開

Windows11でPowerShellを起動する方法を教えて下さい!

…という方に向けて、起動方法をまとめました。

 

Windows11でも、従来通り、PowerShellのコマンドラインを使うことが可能です。

 

ただし、Windows11からスタートメニューが変更になった関係で、PowerShellを探すのが少々難しくなっています。

この記事では、Windows11でPowerShellを起動する3つの方法をわかりやすくまとめました。

 

  こちらの画面は、Windows11 Homeの2021年10月の最新バージョン(ビルド:22000.258)での動作となります。

【方法①】スタートメニューから順番にPowerShellを起動する方法

まずは、スタートメニューから順番にたどって、PowerShellを起動する方法です。

スタートメニューを開いて、右上の「すべてのアプリ」をクリックします。

 

スタートメニューに登録されているアプリ一覧が表示されます。

ここではひとまずそのまま、下にスクロールします。

 

「W」の行に「Windowsツール」というのがあるので、ここをクリックしましょう!

 

Windowsツールというウィンドウが開きました。

かつての「アクセサリ」に入っていたようなアプリ類は、ここの中に入っているわけです。

この中にお目当ての「Windows PowerShell」があります。

 

これで、PowerShellが起動できました!

 

  今回クリックしたPowerShellの他に、「x86」や「ISE」というものもありますが、基本的にはこの「Windows PowerShell」という項目を起動すればOKです。

【方法②】コマンドを入力してPowerShellを起動する方法

PowerShellは比較的よく使うアプリなので、可能であれば、もっと簡単な方法で起動したいものですよね。

次に紹介する方法は、方法さえ覚えてしまえばどの画面からでも、5秒以内にPowerShellを起動することが可能ですので、ぜひ活用してください。

 

まずはスタートメニューを開きます。

そして、キーボードで以下のように入力しましょう。

powershell

 

すると、このようにWindows PowerShellが検索候補に表示されてきますので、そのままエンターキーを押します!

 

この方法でも、PowerShellが起動できます!

スタートメニューを開いて文字列を入力すると、関連するアプリを検索候補に表示してくれるので、ここで「powershell」と入力することで、どの画面からでもPowerShellが呼び出せる、というわけですね。

実際には、「powers」まで入力した時点でPowerShellの候補が表示されるので、そこまで入力してエンターでもOKです。

(「power」だけだと、PowerPointの方が候補に表示されます。)

 

  ちなみに、このPowerShellを、スタートメニューやタスクバーの中に登録することも可能です。

さきほどのスタートメニューで「cmd」と入力すると、「スタートにピン留めする」「タスクバーにピン留めする」というメニューが表示されます。

ここをクリックすることで、スタートやタスクバーにPowerShellを登録することができますよ。


【方法③】スタートアイコンからPowerShellを起動する方法

PowerShellの起動方法はもう1つあります。

タスクバーのスタートアイコンを右クリックしましょう。

 

右クリックメニューが開きます。

ここで「Windowsターミナル」という項目があるので、ここをクリックします。

 

この方法でも、PowerShellが起動可能です!

正式にはPowerShellではなく「Windowsターミナル」という、複数タブでコマンドライン画面を表示できるツールなのですが、

デフォルトでは、ここでPowerShellが起動されるようになっているので、ここを利用するという手もアリです。

まとめ

以上、Windows11でPowerShellを起動する3つの方法でした!

みなさんが一番使いやすい方法で、PowerShellを使っていただければと思います。

 

当ブログ「Tipstour」では、Windows11関係の操作方法やトラブル対処方法など、詳しくまとめています!

Windows11を便利に使う上での役立つ設定Tipsも、随時公開しています。

こちらの記事もぜひ、あわせてご覧ください!

Windows11の関連記事

 

以上、ご参考までに!

それでは!