PowerShellを頻繁に起動するので、最速で立ち上げる方法が知りたいんです!

…という方のために、この記事を書きました。

 

ということでこんにちは、20代怠け者(@20sInvest)です!

コマンドプロンプトと並んで、PowerShellを起動して作業を行う方も多いと思います。

ただこのPowerShell、毎回いちいちスタートメニューから探して起動するのは非常にめんどくさいですよね。

この記事では、一度操作方法を覚えれば1秒でPowerShellが起動できる方法についてまとめました。

ぜひ、活用してみてください。

 

【手順】PowerShellを最速起動する方法

ということで、その操作方法は以下の通りです。

 

  • Windowsキーを押す
  • そのまま「pw」と入力
  • Enter

 

実際にやってみるとこんな感じです。

まずはデスクトップでも、どの画面でも良いので、「Windowsキー」を押します。

 

そのまま間髪をいれず、キーボードで「pw」と入力しましょう。

すると、このようにスタートメニュー画面上に「Windows PowerShell」と表示されたはずです。

この状態になったら、そのまま「Enterキー」を押します。

 

PowerShellが起動できました!

ここまでの操作、一度覚えてしまえば文字通りたった1秒です。

スタートメニューで「p」だけを入力すると、PowerPointやペイントが起動してくることがあるため、しっかりと「pw」まで入力してからエンターするのがベストです。

【解説】どんな操作をしているショートカットキーなのか?

この操作について、どういう操作をしているのかを少しご説明しますね。

Windowsキーを押すことでスタートメニューを起動できるわけですが、スタートメニューの初期画面でそのまま文字列をタイピングすると、ファイル名やプログラム名を検索・実行できるモードになります。

ここで、Windowsに登録されているプログラム名を入力すると、スタートメニューから簡単に起動することができる、というわけですね。

 

PowerShellのプログラム名は「pwsh.exe」です。

なので、スタートメニューから「pwsh」と入力することで、プログラムが起動できます。

しかし、このプログラム名すべてを入力する必要はなく、あくまで頭2文字の「pw」までを入力してやれば、このファイル名のプログラムはPowerShellしかないため、起動できるという仕組みです。

 

…ということは、似たようなプログラム名が他に登録されている場合、「pw」だけだと起動できない場合もあります。

その場合は、「pwsh」と入力して起動しましょう。

【注意】この起動ショートカットが可能なのはPowershell 6.0以降

ちなみに、この起動方法、最新のWindows10では可能ですが、バージョンの古いWindows10や、それ以前のWindowsでは実行できない場合があります。

 

実はPowerShell自体もバージョンが何度か更新されており、バージョン6.0とそれ以前でプログラム名が変更になっています。

  • 6.0以前のファイル名: powershell.exe
  • 6.0以降のファイル名: pwsh.exe

 

PowerShellバージョン6.0は2018年1月にリリースされたものです。

それ以降に購入したWindows10や、定期的にアップデートしているWindowsではプログラム名が「pwsh.exe」となっているはずですので、問題なく使えるはずですよ。

 

もし、今回ご紹介した方法でうまくいかない場合は、以下の方法でもPowerShellが起動できますので、こちらも試してみてください!

 

以上ご参考までに!

それでは!

 

【参考】Windowsサポートをアウトソーシングする方法
Windowsパソコンの設定、バックアップ、トラブル対応にOffice製品の操作方法…。果てはスマホやLINEの操作方法まで…。 色んな人から相談・丸投げされて、そのたびにトラブルシュート対応するのにウンザリしていませんか? パソコンからスマホまで、あらゆるサポートを誰かに丸投げしてしまいたい! そんな方には「G・O・G サポート」が最適です。
  • 電話サポート
  • リモート接続サポート
  • 訪問サポート
上記3つの方法で、パソコンのあらゆるトラブル対応を月額324円からサポートしてくれます。 (個人・法人サポートの両方に対応)