パーティションクローン・MBR/GPT変換ならPartition Master Free

Windows11で、プロダクトキーを確認したい!

…という方向けに、この記事を書きました。

ライセンス認証で、プロダクトキーが必要になるときってありますよね。

この記事では、Windows11におけるプロダクトキーを調べる方法について解説しています。

 こちらの画面は、Windows11 Homeエディションの2022年1月の最新バージョン(ビルド:22000.613)での動作となります。

プロダクトキーとは?

プロダクトキーとは、Windows11を購入したときに付与される25桁のシリアルナンバーです。

文字列と数字の組み合わせで、Windowsのライセンス認証をするときに使用します。

プロダクトキーの調べ方は、下記3つです。

  • コマンドプロンプト
  • PowerShell
  • レジストリエディタ

それぞれの手順を解説します。

【手順①】コマンドプロンプトで調べる方法

まず、コマンドプロンプトを使用した調べ方です。

Windowsキーを押し、検索窓で「cmd」と入力すると「コマンドプロンプト」が表示されます。

startmenu-cmd

コマンドプロンプトが表示されたら、以下のコマンドを入力します。 そのままコピーペーストでOKです。

wmic path SoftwareLicensingService get OA3xOriginalProductKey

すると、以下の画像が表示されます。

productkey-cmd

プロダクトキーが確認できました。

【手順②】PowerShellで調べる方法

次は、PowerShellで調べる方法です。

同じく、Windowsキーを押し、検索窓で「PowerShell」と入力します。

そして、「管理者として実行」を選択します。

startmenu-powershell

ユーザーアカウント制御が出るので、「はい」をクリックしてください。

すると、PowerShellの画面が表示されるので、以下のコマンドを入力します。

powershell "(Get-WmiObject -query 'select * from SoftwareLicensingService').OA3xOriginalProductKey"

コマンドを実行すると、下記画像が表示されます。

productkey-powershell

プロダクトキーが確認できました!

【手順③】レジストリエディタ

最後は、レジストリエディタです。

Windowsキーを押して、検索窓で「regedit」と入力します。

すると、下記画像が表示されるので「管理者として実行」をクリックしてください。

startmenu-regedit

ユーザーアカウント制御が表示されるので、「はい」をクリックします。

レジストリエディタが表示されたら、下記のパスを入力します。

<code class=" language-plain" data-hcb-clip="3">コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\SoftwareProtectionPlatform</code>

そして、右側に表示される「BackupProductKeyDefault」の行にある「データ」という項目がプロダクトキーになります。

regedit-productkey

プロダクトキーが確認できました!

まとめ

以上、Windows11におけるプロダクトキーを調べる方法について解説しました。

当ブログ「Tipstour」では、Windows11関係の操作方法やトラブル対処方法など、詳しくまとめています!

こちらの記事もぜひ、あわせてご覧ください。

Windows11の関連記事