シンプル・スマートな画面録画ソフト EaseUS RecExperts
【参考】Windows11の面倒な作業を自動化して自由な時間を取り戻そう

詳しく解説します

  • Pythonの最新バーションはどこからダウンロードできるの?
  • Windows11でPythonのインストール方法を図解入りで詳しく知りたい
  • Pythonのインストール後に簡単なプログラムを体験したい

この記事では、以上の疑問にお答えします。

 

Python(パイソン)は、最近大流行の人工知能などにも利用され、人気が高まっています。

そのため、Pythonなどのプログラムに関心がなかった人や、パソコンやソフトにあまり詳しくない初心者の人なども、この機会に、Pythonを体験しておくものよいでしょう。

この記事では、初心者の人でもわかりやすいように、図解入りで、Windows11に最新バーションのPythonをダウンロードする方法やインストールする方法・環境変数PATHの設定。簡単なプログラムの実行方法などを詳しく解説しています。

 

 
【新機能】わからないことはAIに聞いてみよう
質問内容を入力すると、皆さんの疑問にAIがお答えします。

※当機能は現在ベータ版です。 予告なく公開終了する場合があります。

Pythonをインストールする際の注意点

Pythonをインストールする際に注意すべき点は下記の2点です。

  • 環境や目的に合ったPythonバーションをダウンロードする
    ダウンロードの段階で、環境や目的に合ったPythonバーションをダウンロードしましょう。
    「Prerelease」バーションは、まだ安定していないので、通常は「Stable Releases」の中から最新バーションを選びます。
  • 後で詳しく解説しますが、インストールのはじめに「Add python.exe to PATH」の項目の左側にチェックを入るのを忘れないようにしてください。

最新版Pythonのダウンロード方法

「Python」公式サイトのダウンロードページにアクセスします。

「Python」公式ダウンロードサイトへのアクセス

ダウンロードの方法は下記のように2通りあるので、条件に合った方で行ってください。

  1. OSがWindowsの64bit版であれば、オレンジの枠内①「Download Python 〇.〇.〇」をクリックしてダウンロードします。ダウンロードが終了したら、この章の下方にある「<ダウンロード完了>」の項目まで飛んでください。
  2. Windowsの32bit版など他のバージョンをダウンロードしたいときは、②の「Downloads」をクリックします。

Pythonのダウンロード方法

オレンジの枠内「Windows」をクリックします。

Pythonのダウンロード方法

オレンジ枠内「Latest Python 3 Release-Python 〇.〇.〇」をクリックします。(最新の安定バーションがダウンロードできます。)

Pythonのダウンロード方法

下の方へスクロールすると下図のような表が現れるので、必要なバーションをクリックしてダウンロードします。

今回は例として、「Windows 64bit版のインストーラー」をダウンロードするので、オレンジ枠内「Windows installer(64-bit)」をクリックしてダウンロードします。(大多数の人がWindowsの64bitバーションを使用しているので、通常は「Windows 64bit版のインストーラー」で問題ありません。)

Pythonのダウンロード方法

<ダウンロード完了>

上図のオレンジ枠内②がダウンロードされたファイルなので、クリックして起動します。

Pythonのインストール方法

オレンジの枠内①の「Add python.exe to PATH」の左にチェックを入れて、②の「Install Now」をクリックします。

Pythonのインストール方法

オレンジ枠内の「はい」をクリックします。

Pythonのインストール方法

無事にインストールが完了したので、オレンジ枠内の「Close」をクリックします。

Pythonのインストール方法

Windows11でPythonの環境変数を設定する方法

Windows11でPythonの環境変数PATHを設定する方法を解説します。

※先述の、Pythonをインストールする際に「Add python.exe to PATH」の項目左側にチェックを入れた場合には、自動で環境変数にPATHが設定されるので、ここで新たに環境変数を設定する必要はありません。

 

オレンジ枠内①のタスクバーの検索ウインドウに「かんきょう」と入力し、②の「環境変数を編集」をクリックします。

Windows11でPythonの環境変数を設定する方法

オレンジ枠内①の「Path」の項目を選択し、②の「編集」をクリックします。

Windows11でPythonの環境変数を設定する方法

次に、環境変数に設定するPATHを取得します。

オレンジ枠①のタスクバーの検索ウインドに「python.exe」と入力し、②の「python.exe」上で右クリック、③の「ファイルの場所を開く」をクリックします。

Windows11でPythonの環境変数を設定する方法

オレンジ枠内①のように「python.exe」ファイルが含まれているフォルダが表示されています。

オレンジ枠内②の「フォルダーアイコン」をクリックすると、③のように、フォルダーのパスが選択状態で表示されるので、コピーします。

このフォルダはまた、後でも使うので開いたままにしておいてください。

Windows11でPythonの環境変数を設定する方法

オレンジ枠内①の「新規(N)」をクリックし、②に先ほどコピーしたパスを貼り付けます。

貼り付けると
「C:\Users\〇〇〇\AppData\Local\Programs\Python\Python310」

のようなパスになっているので、
これを
「C:\Users\〇〇〇\AppData\Local\Programs\Python\Python310\」
のように、パスの末尾に「\」を追加記入しておきます。

この状態でいったん置いておきます。

Windows11でPythonの環境変数を設定する方法

先述の「python.exe」が入っているフォルダ内にある「Scripts」フォルダをクリックします。

Windows11でPythonの環境変数を設定する方法

オレンジ枠内①の「フォルダーアイコン」をクリックして、②の選択されたパスをコピーします。

Windows11でPythonの環境変数を設定する方法

前回と同じ要領で、①の「新規(N)」をクリック、②に貼り付け、

C:\Users\〇〇〇\AppData\Local\Programs\Python\Python310\Scripts
のように記入されたのを、

C:\Users\〇〇〇\AppData\Local\Programs\Python\Python310\Scripts\
のようにパスの末尾に「\」を追加して修正します。

③の「OK」をクリックして、これまで記述してきた環境変数PATHの設定を反映させます。

Windows11でPythonの環境変数を設定する方法

①の「OK」をクリックして、Pythonの環境変数PATH設定が完了します。

Windows11でPythonの環境変数を設定する方法

Pythonを実行する方法(Hello Worldを出力させるテストを実行)

Pythonを実行する方法(Hello Worldを出力させるテストを実行)は下記のように2通りあります。

  1. コマンドプロンプトに直接プログラムを入力する方法
  2. ファイル内にプログラムを記述する方法

まずは、「コマンド プロンプト」を起動しておきます。

オレンジ枠内、タスクバーの検索ウインドウ①に「コマンド」と入力し、②の「コマンド プロンプト」をクリックして起動します。

1.コマンドプロンプトに直接プログラムを入力する方法

オレンジ枠内①のように「python」と入力すると、②の「Python 3.11.4」のように、インストールされているPythonのバーションが表示されます。

1.コマンドプロンプトに直接プログラムを入力する方法

オレンジ枠内①のように「print('Hello world!')」と入力すると、直下に「Hello world!」の文字が表示されます。

1.コマンドプロンプトに直接プログラムを入力する方法

2.ファイル内にプログラムを記述する方法

好きなフォルダ内(今回の例はデスクトップにします)に、オレンジ枠内のような、「.py」の拡張子のついたファイルを作成します。

先ほど作成したオレンジ枠内①の「Hello world.py」の上で右クリックし、②の「その他のオプションを表示」をクリックします。

2.ファイル内にプログラムを記述する方法

オレンジ枠内①の「Edit with IDLE」を選択し、②の「Edit with IDLE 〇.〇(64-bit)」をクリックします。

このフォルダーはまた後で使うので開いたままにしておきます。

2.ファイル内にプログラムを記述する方法

オレンジ枠内のように「print('Hello world!')」を記入して、「Ctrl」+「S」のショートカットキーで上書き保存して、閉じます。

2.ファイル内にプログラムを記述する方法

オレンジ枠内①の「Hello world.py」上で右クリックし、②の「プロパティ」をクリックします。

2.ファイル内にプログラムを記述する方法

「場所」の項目、オレンジ枠内①内に表示されているフォルダーへのパスをコピーし、②の「OK」をクリックします。

2.ファイル内にプログラムを記述する方法

オレンジ枠内①のように、「cd ""」の「""」の間に先ほどコピーした、「Hello world.py」が置いてあるフォルダーへのパスを貼り付けて入力します。

②のように、「C:\Users\〇〇〇>」から「C:\Users\〇〇〇\Desktop>」へと、「Hello world.py」が置いてあるフォルダーのパスに変更されていることがわかります。

2.ファイル内にプログラムを記述する方法

オレンジ枠①内のように、先ほどプログラムを記述したファイルの名前を「"Hello world.py"」と、「""」で囲って入力します。

すると、②のように「Hello world.py」のファイル内に記載した「print('Hello world!')」というプログラムが実行されて「Hello world!」が表示されます。

2.ファイル内にプログラムを記述する方法

 
この記事で解決しなかった疑問は疑問はAIに聞いてみよう
質問内容を入力すると、皆さんの疑問にAIがお答えします。

※当機能は現在ベータ版です。 予告なく公開終了する場合があります。

まとめ

最新バージョンのPythonをインストールする方法を図解入りで詳しく解説しました。

最新バージョンのPythonの「ダウンロード」から「インストール」、「Hello Worldを出力」まで、特に難しい所もなく、スムーズにできたことでしょう。

注意点を強いてあげれば、インストールの最初に「Add python.exe to PATH」の左にチェックを入れることぐらいでしょうか。

もし、チェックを入れ忘れたようなら、「Windows11でPythonの環境変数を設定する方法」の章を参考に、環境変数PATHの設定をしてみてください。

「Python」公式ダウンロードサイトへのアクセス