色んな事情があってパソコンにPythonをインストールできないんですが…それでもPythonを動かしてみたい!

…という方のために、とっておきの方法を紹介します。

 

ということでこんにちは、20代怠け者(@20sInvest)です!

例えば学校だったり職場だったりと、自由にソフトやツールをインストールできない、という状況は多いと思います。

管理者権限がなかったり、セキュリティ上の関係でソフトのインストールを禁止していたり、というところですね…。

そんな環境でPythonなどのプログラミングを勉強したい・動かしたいという場合はどうしたらいいんでしょう…?

 

今回紹介したいのは、ブラウザ上でPython3を動かして、そのまま実行できるサービス「Google Colab」です。

このサービスを使うと、Windows環境・Mac環境に関わらず、Pythonを今からでも即実行可能になりますよ。

 

【関連記事】ちなみにMacには、少し古いバージョンですが標準でPythonがインストールされてます

【ツール】Google Colab

ということでこちらがGoogle Colaboratory、通称「Google Colab」です。

 

Google Colabとは、ブラウザ上でPythonを動かすためのサービスです。

このサービスの画面上でPythonのコマンドやプログラムを実行すると、Googleのサーバ上でPythonが実行され、そのままブラウザの画面上に結果が表示・出力されるという仕組みですね。

すべてがブラウザ上で稼働するので、利用者(プログラマー)側は自分のPCにPythonをインストールしなくとも、Pythonが動かせる、という仕組みです。

Colab自体は学生やデータ分析者のためにGoogleが提供しているサービスで、無料で利用可能です。

 

これを使えば、Pythonがインストールできない環境でもPythonを動かせます。

おそらく、ある程度の規模のプログラムを動かすとなると、PC内に開発環境を作ったほうが良いのだと思いますが、Pythonの勉強というぐらいであれば、このGoogle Colabで十分なはずです。

 

  ちなみに2020年7月時点では、Colabで動いているPythonのバージョンは3.6.9です。


【手順①】Google Colabでノートブックを作成(Pythonファイルを作る)

それなら、早速Pythonを動かしてみよう!

…ということで、手順を紹介します。

まずは、以下のリンクをクリックしてColabを開きます。

 

Colabの画面はこんな感じです。

このページ画面の時点で、もうPythonが実行可能になってます。

実はこの説明書きの画面上でも、Pythonのサンプルが実行されていて、それを自由にいじることも出来るようになってます。

いや、スゴイ。

 

ひとまず、Pythonのファイル(Colabではノートブックと呼びます)を作ってみましょう。

Googleアカウントが必要なので、この時点でGoogleにログインしていない人は右上のログインボタンから、ログインしましょう。

 

続いて、上部のメニューから「ノートブックを新規作成」をクリックします。

 

数秒待つと、「Untitled0.ipynb」というノートブックが作成されました。

で、真ん中に入力欄があるんですが、ここにPythonのコマンドやソースを入力出来ます。

【手順②】Google ColabでPythonコマンドを実行する

試しに定番の「Hello World!」を出力するコマンドを入れてみましょうか。

下記をコピペでOKです。

print('Hello World!')

 

コマンドの実行は、以下のショートカットキーで実行できます。

  • Windows:Ctrl + Enter
  • Mac:Command + Return

 

ということで、実行するとすぐ横のボタンがグルグル回りだします。

 

出力された結果がこちら。

単純にHello World!を画面上に出力するだけのコマンドですが、しっかりブラウザ上で稼働していることがわかります!

 

当然、for文なども動きます。

 

インストールされているライブラリを一覧表示する「pip freeze」のコマンドも動きました。

標準で、かなり沢山のライブラリがインストールされているようなので、もうこの時点でかなりのことが実行可能です。

まとめ

以上、インストールできない環境でもPythonを動かす・勉強する方法でした。

この記事ではGoogle Colabの触り部分を紹介しただけですが、これを使えばパソコンの状況に関係なく、プログラミングが勉強できることは間違いないですね!

うーん、ここまで用意してくれているとなると、もはやプログラミングの勉強は環境ではなく「その人のやる気次第」ってことに、なってくるんでしょうね。

 

ちなみに、ブラウザ上で稼働するので、iPhoneやAndroidなどのスマートフォン上ですらPythonを動かせます(笑) すげぇ!

 

ぼく自身もPythonは勉強しながら色々なプログラムを作っている最中ですが、少しずつプログラミングの情報・コードなどをこのブログでシェアをしています。

興味があれば、こちらの記事もご覧ください!

 

以上、ご参考までに!

それでは!