アップデートしたら、タスクバーに勝手にアイコンが追加されたんですけど…

こういう状況、Windows10だとよくあります。

この対処方法について、この記事でまとめました。

 

ということでこんにちは、20代怠け者(@20sInvest)です!

Windowsアップデート後、こんなアイコンが勝手に追加された!なんてことはないでしょうか。

 

なんだこの第一三共みたいなアイコンは!?

…と思うかもしれません。(ぼくの第一印象はそれでした)

これはWindows10標準ブラウザの「Microsoft Edge」のアイコンで、Windowsアップデートを行うことで自動的にタスクバーに追加されてしまうことがあります。

この記事では、そのアイコンを削除方法・消す方法を簡単にまとめました。

早速見ていきましょう!

【手順】タスクバーに勝手に追加されたEdgeのアイコンを消す方法

その方法は簡単です。

タスクバーに追加された、Edgeのアイコンをまず右クリックします。

 

右クリックメニューから「タスクバーからピン留めを外す」をクリックします。

 

これでアイコンが削除されました!

非常に簡単ですね。

 

まとめ

いつのまにか勝手にEdgeのアイコンが追加された!?

…と思った時は、この方法で非表示にして見てください。

 

当ブログ「Tipstour」では、この他にもWindowsカスタマイズ方法・時短テクニックなど数多くご紹介しています。

ぜひこちらもあわせてご覧ください!

 

以上、ご参考までに!

それでは!

 

【参考】Windowsサポートをアウトソーシングする方法
Windowsパソコンの設定、バックアップ、トラブル対応にOffice製品の操作方法…。果てはスマホやLINEの操作方法まで…。

色んな人から相談・丸投げされて、そのたびにトラブルシュート対応するのにウンザリしていませんか?

パソコンからスマホまで、あらゆるサポートを誰かに丸投げしてしまいたい!

そんな方には「G・O・G サポート」が最適です。

  • 電話サポート
  • リモート接続サポート
  • 訪問サポート

上記3つの方法で、パソコンのあらゆるトラブル対応を月額324円からサポートしてくれます。 (個人・法人サポートの両方に対応)