この記事を読むと、Google日本語入力に登録した単語・辞書をファイルに保存する方法がわかります。

 

ということでこんにちは、20代怠け者(@20sInvest)です。

この記事では、Google日本語入力に登録した単語・辞書をテキストファイルにインポートする方法についてまとめました。

事前に他のPCでエクスポートした辞書ファイルや、受け取った辞書ファイルを自分のGoogle日本語入力の辞書に登録することが可能です。

PCの移行時などに活用できますね。

それではさっそく、見ていきましょう!

 

  解説しているスクリーンショットはWindows10でのものですが、Macの環境でもほぼ同じ操作で単語ファイルのエクスポートが可能です!

 

【参考】Google日本語入力の辞書をエクスポートする方法はこちら

【方法】辞書ファイルをインポートする方法

まずはGoogle日本語入力の辞書ツールを開きましょう。

タスクバーからGoogle日本語入力のボタンを右クリックします。

(アイコンは日本語入力オンの状態では「あ」と、日本語入力オフの状態では「A」と表示されています。)

 

メニューから「辞書ツール」をクリック。

 

辞書ツールが開きました。

今、ここはまっさらな状態ですが、ここに辞書ファイルをインポートして、他PCで登録していた辞書ファイルを登録します。

 

左上のメニューから「管理」→「選択した辞書にインポート」をクリックします。

 

辞書ファイルの読み込み画面がこちら。

 

「ファイルを選択」をクリックして、事前に用意していた辞書ファイルを開きましょう。

 

フォーマットとエンコードは「自動判定」のままでOKです。

ファイルが選択できたら「インポート」へ進みます!

 

インポートが完了しました!

 

これで、辞書に登録してあった単語がGoogle日本語入力のユーザー辞書に登録されました。

 

  もし、インポート時にエラーが起きている場合は、辞書のテキストファイルの中身を確認しましょう。

区切り位置や記号など、記述上のエラーが起きているかもしれません。

 

Google日本語入力の辞書ファイルの構成はシンプルで、一行ごとに「読み」「単語」「品詞」をタブで区切るという構成になっています。


 

以上、ご参考までに!

それでは!