シンプル・スマートな画面録画ソフト EaseUS RecExperts
【参考】Windows11の面倒な作業を自動化して自由な時間を取り戻そう

詳しく解説します

  • Windows11のエクスプローラーでは画像の一括サイズ変更はできない
  • 「ペイント」や「フォト」などでも画像の一括サイズ変更は行えない
  • 「PowerToys」なら一括サイズ変更を、エクスプローラ上で手軽に行える

この記事では、以上の疑問にお答えします。

 

スマホやコンデジの解像度が上がり、画質が向上し、画像も大きくなり、それに伴ってファイルサイズも激増しています。

写真などの画像をシェアしやすい大きさや、ファイルサイズに変更する機会も多くなっています。

 

大量の画像を一括サイズ変換するには、スマホで行うより、パソコンで行う方が処理能力の違いにより速く実行できて、スマホのバッテリーも消費しません。

しかし、Windows11標準の「ペイント」や「フォト」では、いちいちアプリを立ち上げてから、1枚ずつしかサイズ変更できません。

 

そこで、今回は、Windows11のエクスプローラ上で、画像を1枚のサイズ変更から、複数の一括サイズ変更までを、手軽に行える無料アプリ「Microsoft PowerToys」の特徴やインストール方法、使用方法などを詳しく解説します。

 
【新機能】わからないことはAIに聞いてみよう
質問内容を入力すると、皆さんの疑問にAIがお答えします。

※当機能は現在ベータ版です。 予告なく公開終了する場合があります。

Windows11のエクスプローラーでは画像の一括サイズ変更はできない

Windows11のエクスプローラ上でアプリを立ち上げることなしに、画像の一括サイズ変更ができれば便利ですが、現状では、エクスプローラ上で画像の一括サイズ変更は行えません。

また、Windows11標準のアプリ「ペイント」や「フォト」などでも同様に画像の一括サイズ変更は行えません。

 

そこで、必要となるのが、無料アプリ「Microsoft PowerToys」が提供するユーティリティー機能の1つ「Image Resizer」です。

Windows11標準フォト機能で画像サイズを変更する場合こちらの記事を参考にしてください

画像の一括サイズ変更可能なフリーソフト「PowerToys」とは?

画像の一括サイズ変更可能なフリーソフト「PowerToys」とは?
引用:Microsoft PowerToys: Windows をカスタマイズするためのユーティリティ|Microsoft

「PowerToys」は、「Windows」を開発したマイクロソフトが手がけた、Windows11をカスタマイズするための、かゆいところに手が届く無料アプリ。

Windows11の使い勝手をよくして、合理化し、生産性を向上させるためのユーティリーティーです。

 

「PowerToys」は、アプリを立ち上げることなく、Windows11のエクスプローラ上で、変換したいファイルを1枚か複数選択して、右クリックメニューから簡単に一括変更が行えます。

このように、「PowerToys」のユーティリティー機能の1つ「Image Resizer」は、普段使い慣れたエクスプローラ上、Windowsの標準的な操作で使えます。

そのため、アプリを立ち上げる手間や時間がかからず、とても実用的で生産性が高い機能を提供してくれます。

Windowsの開発元のマイクロソフトが手がけるアプリだけあって、Windows11との相性が抜群ですね。

 

「PowerToys」のユーティリティー機能は、画像サイズの一括変更が可能な「Image Resizer」だけではありません。

画像サイズの一括変更機能の他に、好みの「ウインドウ配置」を事前に設定し、素早くレイアウトを適用できたり、キーボードの再割り当てやショートカットキーを作成したり、あれば便利な機能が満載です。

「GitHub」から「PowerToys」をダウンロードします
「Microsoft Store」から「PowerToys」をダウンロードします

「PowerToys」で画像の一括サイズ変更が可能に

画像1枚のサイズ変更操作を行うためだけに、アプリを立ち上げるのは面倒ですし、かといって、複数の画像の一括操作でも、アプリを立ち上げて行うのはストレスに感じます。

画像が、1枚でも複数でも、「PowerToys」の「Image Resizer」機能を使えば、エクスプローラでサムネイルを眺めながら、サイズ変更したい画像を1枚または複数選択し、右クリックメニューから手軽に一括サイズ変更できます。

 

「PowerToys」の「Image Resizer」機能は、Windows11の標準的な右クリックメニューに組み込まれるため、いつもの操作感と変わらず、画像サイズ一括変更の操作を行えます。

このように、マイクロソフト社製なこともあり、Windows11との親和性が、とても高いのが特長です。

「PowerToys」のダウンロード・インストール方法

ダウンロード・インストール方法は下記の2通りあります。

  1. 「GitHub」からのダウンロードとインストール方法
  2. 「Microsoft Store」からのダウンロードとインストール方法

1.「GitHub」からのダウンロードとインストール方法

「GitHub」にアクセスし、下図のオレンジ色の囲み内の最新バージョンを確認します。

「GitHub」から「PowerToys」をダウンロードします

今回のバージョンは「v0.69.1」ですが、適宜、新しいバージョンに更新されますので、その時のバージョンをしっかり確認してから、一番下までスクロールします。

「PowerToys」のインストール方法

オレンジの囲み①「Assets」の項目までスクロールし、②「PowerToysSetup-バージョンの数字-x64.exe」をクリックします。

「PowerToys」のインストール方法

下図のオレンジ色の囲みのように、ブラウザーの左下にダウンロードの進行状況が表示されるので、ダウンロードが完了したらクリックします。

「PowerToys」のインストール方法

「PowerToys」のセットアップ画面が表示されるので、オレンジの囲みの①「I agree …」のチェックボックスにチェックを入れ、②「Install」をクリックします。

「PowerToys」のインストール方法

ユーザーアカウント制御の画面が現れるので、オレンジの囲み内の「はい」をクリックします。

「PowerToys」のインストール方法

下図のオレンジの囲み内の「Close」をクリックします。

「PowerToys」のインストール方法

下図のように、「PowerToys」が自動で起動します。

オレンジの囲み内に、目的の「Image Resizer」機能もインストールされています。

「PowerToys」のインストール方法

2.「Microsoft Store」からのダウンロードとインストール方法

「Microsoft Store」にアクセスし、下図のオレンジの囲み内の「Microsoft Store アプリの取得」をクリックします。

「Microsoft Store」から「PowerToys」をダウンロードします

「Microsoft Store」からダウンロード

下図のような確認のウインドウが開く場合は、オレンジの囲み内の「Microsoft Store を開く」をクリックします。

「Microsoft Store」からダウンロード「Microsoft Store」からダウンロード

オレンジ色の囲み内の「インストール」をクリックします。

「Microsoft Store」からダウンロード

「ユーザーアカウント制御」の画面が現れるので、オレンジの囲み内の「はい」をクリックします。

「PowerToys」のインストール方法

オレンジ色の囲み内①が「インストール済み」になっていれば、②の「×」を押して、インストール完了です。

「Microsoft Store」からダウンロード

「PowerToy」での画像の一括サイズ変更方法

「PowerToy」の「Image Resizer」機能について下記の事項を詳しく解説します。

  1. 「PowerToy」の「Image Resizer」機能を設定する方法
  2. 「PowerToy」の「Image Resizer」機能を使用する方法

1.「PowerToy」の「Image Resizer」機能を設定する方法

「PowerToy」を起動すると、下図のような画面が現れますので、オレンジの囲み内の「Image Resizer」をクリックします。

「PowerToy」での画像の一括サイズ変更方法

「Image Resizer」の設定画面が現れるので、まず、オレンジの囲み内の「Image Resizer を有効にする」を「オン」にします。

 

下記の3つの個別の設定項目ごとに説明します。

  1. 「イメージ サイズ」
  2. 「エンコード」
  3. 「ファイル」

「PowerToy」の「Image Resizer」機能を設定する方法

1.「イメージ サイズ」の設定法

下図のオレンジの囲み①「イメージ サイズ」の項目について解説します。

 

プリセットを削除したいときは④「ゴミ箱マーク」をクリックします。

②「新しいセットの追加」をクリックすると、③「新しいサイズ」のプリセットが追加されます。

さらに、追加されたプリセットの「新しいサイズ」の設定を変更したい場合は、⑤「編集マーク」をクリックします。

「イメージ サイズ」の設定法

「編集マーク」をクリックすると下図のような①~④の設定項目が表示されます。

 

①「名前」の項目でオレンジの囲み内に、わかりやすいようにプリセット名を入力します。

②「サイズに合わせて調節」の項目では、下記の3種類のサイズの合わせ方が選択できます。

  1. 幅に合わせて調節
  2. サイズに合わせて調節
  3. 引き伸ばし

 

③では、サイズ変更後の幅と高さを入力します。

④の「ユニット」の項目では、下記の4種類の、画像の幅と高さを表す単位を選択できます。

  1. センチメートル
  2. インチ
  3. パーセント
  4. ピクセル

「イメージ サイズ」の設定法

2.「エンコード」の設定法

下方にスクロールし、「エンコード」の項目を表示します。

 

①の「フォールバック エンコーダー」で、サイズ変更後の画像ファイル形式を、下記の6種類から選択します。

  1. PNG エンコーダー
  2. BMP エンコーダー
  3. JPEG エンコーダー
  4. TIFF エンコーダー
  5. WMPhoto エンコーダー
  6. GIF エンコーダー

 

②の「JPEG 品質レベル(%)」では、スライダーを左右に動かし、JPEGの画質(画質が良いほどファイルサイズが大きくなります。)を調節します。

③の「PNG インターレース」では、「オン」と「オフ」の2種類が選択できます。

④の「TIFF圧縮」では、下記の6種類から選択します。

  1. なし
  2. CCITT3
  3. CCITT4
  4. LZW
  5. RLE
  6. Zip

「イメージ サイズ」の設定法

3.「ファイル」の設定法

下図のオレンジの囲み①「ファイル名の形式」を指定します。

 

使えるパラメータは下記のように6種類あります。

  1. 「1%」:元ファイル名
  2. 「2%」:サイズの名前
  3. 「3%」:選択した幅
  4. 「4%」:選択した高さ
  5. 「5%」:実際の幅
  6. 「6%」:実際の高さ

たとえば、ファイル名が「Windows11の画像」の画像を、プリセット名「小」でサイズ変更する場合、「ファイル名の形式」で「%1(%2)」と指定しておくと、サイズ変更後のファイル名は「元ファイル名(サイズの名前)」の形式で表示されるので、結果として「Windows11の画像(小)」になります。

 

②の「ファイルの変更されたタイムスタンプ」では、下記の2種類から選択します。

  1. 元のファイルのタイムスタンプ
  2. サイズ変更アクションのタイムスタンプ

3.「ファイル」

2.「PowerToy」の「Image Resizer」機能を使用する方法

「PowerToy」の「Image Resizer」機能を使用する方法を解説します。

「エクスプローラ」を開き、一括サイズ変更をしたい画像を選択します。

2.「PowerToy」の「Image Resizer」機能を使用する方法

右クリックでドロップダウンメニューを表示します。

下図のオレンジの囲み内の「その他のオプションを表示」をクリックします。

2.「PowerToy」の「Image Resizer」機能を使用する方法

オレンジの囲み内の「画像のサイズ変更」をクリックします。

2.「PowerToy」の「Image Resizer」機能を使用する方法

オレンジの囲み内②の必要な設定を行います。

①「サイズを選択してください」をクリックします。

2.「PowerToy」の「Image Resizer」機能を使用する方法

オレンジの囲み内のドロップダウンリストから、変更後の画像サイズのプリセットを選択します。

2.「PowerToy」の「Image Resizer」機能を使用する方法

オレンジの囲み内の「サイズ変更」をクリックします。

2.「PowerToy」の「Image Resizer」機能を使用する方法

サイズ変更前の画像の横に、サイズ変更後の画像ができあがりました。

2.「PowerToy」の「Image Resizer」機能を使用する方法

「PowerToys」のその他の機能

「PowerToys」は画像の一括サイズ変更機能の「Image Resizer」だけではなく下記のような便利な機能が備わっています。

  • 一時的にスリープモードを解除できる「PowerToys Awake」
  • キーの再割り当てやショートカットキーをカスタマイズできる「Keyboard Manager」
  • アプリを手軽に検索して起動できるランチャー「PowerToys Run」

 

上記以外にもまだまだ痒いところに手が届く機能が満載なので、ぜひ、利用してみてください。

 
この記事で解決しなかった疑問は疑問はAIに聞いてみよう
質問内容を入力すると、皆さんの疑問にAIがお答えします。

※当機能は現在ベータ版です。 予告なく公開終了する場合があります。

まとめ

「PowerToys」は「こんな機能があれば便利だな~」というような機能がたくさん詰め込まれた、Microsoft社製のフリーアプリです。

今回は、その中から、Windows11で画像を一括サイズ変更できる「Image Resizer」機能について詳しく解説しました。

 

エクスプローラから画像を選択して右クリックメニューから手軽に画像の一括変換が行える優れものです。

Windows11との相性も良く、特別なアプリを起動する必要もなく、普段と変わらない操作感で利用できるので、快適に画像の一括変換が行えます。

 

この記事を参考に、ぜひ、「PowerToys」の「Image Resizer」機能を利用してください。

「GitHub」から「PowerToys」をダウンロードします
「Microsoft Store」から「PowerToys」をダウンロードします