【Windows10】キーマッピングツールを使ってキーコンフィグする方法


以前、Windows10にてキーマッピングツールを使ってみたが、うまく動かなかった件について書きました。

従来のWindowsでは、「Windows Serverのリソースキット」に含まれているキーマッピングツールを使って、好きなキーに別のキーをアサインすることができるようになっています。

Windows10でキーマッピングツールを使ってみたがNGだった | Tipstour

 

その後、そのまま放置してしまっていたのだけど、このツールをWindows10で動作させる方法が、実はありました!

ここで改めて、ご紹介しておきますね。

スポンサードリンク

関連記事

キーマッピングツールの使い方

キーマッピングツールの使い方については、下記の記事にて詳しく掲載していますので、こちらをどうぞ。

Windowsでキーマッピング(キーボード割り当て)を変更する方法 | Tipstour

Windows10でキーマッピングツールをそのまま実行するとこうなる

さて、上記の方法でキーマッピングツールを起動して、いざ設定をレジストリに保存しようとすると、このようなメッセージが表示され、エラーとなってしまいます。

2015-0810-193620

Windows10でキーマッピング設定を保存する方法

ということで対策はこちら。

まずはキーマッピングツールであるremapkey.exeが格納されているフォルダへ移動します。

通常の場合、Windows10なら下記のフォルダに格納されているはず。

C:\Program Files (x86)\Windows Resource Kits\Tools

 

ここで、remapkey.exeを右クリックし「管理者として実行」をクリックします。

これで起動した後は通常の画面と一緒ですが、いざ設定をセーブしようとすると…。

このようなメッセージが表示されるように変わります。

ここで「OK」を選択すると「レジストリが変更されました。 リブートしますか?」と、再起動の確認メッセージが表示されます。

ここで「はい」を押すと、即時再起動がはじまってしまうので、そこだけ要注意!

スポンサードリンク

 

まとめ

  • インストール方法、設定方法は従来と同じ
  • キーマッピングツール起動時に管理者権限で実行する

 

考えてみたらなんのことはない、キーマッピングの権限がない状態でツールを使っていたので、設定できなかっただけなのでした。

そんな簡単なことに、気づかなかったとは…不覚でした。

 

とりあえず、これでウキウキキーマッピングライフですね。

それでは!

Windows10のカスタマイズ記事、こんなものもあります。

【Windows10】ピクチャのフォルダを移動・変更する方法 | Tipstour

【Windows10】Win7/8.1の「従来のフォトビューア」に戻す方法 | Tipstour

【Windows10】通知サウンドを鳴らさないようにする方法 | Tipstour

 

 

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly