【Excel Expert】視覚テク ステータスが「済」の行を自動的にグレーアウトして進捗をわかりやすくするワザ


excel11

Excel Tips、今回は僕も普段から割と使うテクニックを紹介しておきます。 管理表を作る際に役立つ、ステータスによって行をそれぞれグレーアウトする書式設定方法です。

スポンサードリンク

 

元の表

今回試してみる表はこちら。
2015-0210-072919

A列にステータスを、B列に案件という感じで項目を一覧化するという、まあ至って普通な管理表ですね。

条件付き書式を使おう

さて、それでは「済」となっている行をグレーアウトする設定をやってみましょうか。 条件付き書式を使います。

グレーアウトしたい行エリアに設定して、「条件付き書式」から「ルールの管理」へ進みます。

お次に書式ルールの編集ウィンドウでは「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択。 数式欄にはこんな感じで入力します。

=$A2=”済”

単純に「A2」と指定するのではなく「$A2」と、A行だけ絶対参照(別セルにコピーしてもそのエリアを参照する設定)にするのが重要です。 というのも、A列にステータスの「済」の文字列を入力することになるわけなので、どの列から参照してもA列を参照するよう設定する必要があります。
2015-0210-073632

 

書式設定自体は、好きな色を選びましょう。 ステータス「済」の場合は終了済みの項目のハズなので、灰色で塗りつぶすのがいいでしょう。 グレーアウトです。
2015-0210-073908

自動グレーアウトするとこうなる

というわけで、この条件付き書式を付けてみた図がこちら。 A行に「済」の文字列を入力すると条件付き書式を設定したエリアがすべてグレーアウトしてます。
2015-0210-072846

済の位置を変えてもちゃんとグレーアウトしますね。
2015-0210-073549

動画

Excelの関連記事


Excelで土・日曜日の日付セルを自動的に色塗りする設定方法 | Tipstour


Excelで日付(〆切)が迫っているセルに、自動的に色を付けて目立たせる方法 | Tipstour


Excelの特定セルに文字列が入力されているかどうかを判定する関数 | Tipstour


Excel作業の速さは「Excelで出来ること」をどれだけ知っているかで決まる | Tipstour


Excelでセル同士の参照先を視覚的に確認できる「トレース機能」がかなり役立つのでみんな使おう | Tipstour

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly

 

Tags: