シンプル・スマートな画面録画ソフト EaseUS RecExperts

  • VPN接続を使うとYouTubeプレミアムに安く登録できると聞いたのだけど、本当?
  • その方法を使った契約って、利用規約上、問題ないのか知りたい
  • 実際にその方法を使う際の、オススメのVPNサービスも教えて欲しい!

この記事では、以上の疑問にお答えします。

 

YouTubeプレミアムはすごく便利ですが、毎月1,180円と意外と馬鹿にならない金額ですよね。

そこで話題になっているのが、VPNを使って100円前後の格安料金で登録する方法です。

 

しかし「法律やYouTube規約的には大丈夫なの?」と気になっている人も多いのではないでしょうか?

本記事では、VPNでYouTubeプレミアムに安く登録する方法は、法律・規約違反になるのかを徹底解説いたします。

 
【新機能】わからないことはAIに聞いてみよう
質問内容を入力すると、皆さんの疑問にAIがお答えします。

※当機能は現在ベータ版です。 予告なく公開終了する場合があります。

YouTubeプレミアムに安く登録する方法とは

YouTubeプレミアムに安く登録する方法とは、VPNという世界各国のネットワークに接続できるサービスを用いて、格安で登録する裏技的な方法です。

物価が安い国のインターネットから接続し、近隣ホテルなどを住所として登録することで、最安たったの90円ほどで毎月利用できます。

 

VPNを使った場合の月額料金比較

YouTubeプレミアムが格安で登録できる国の料金を、実際に調べてみました。

月額料金(通常プラン) 日本円換算
日本 1,180円 1,180円
アルゼンチン ARS 119 約90円
トルコ TRY 16.99 約120円
インド ₹ 129 約207円
フィリピン PHP 159 約382円

※日本円換算は2022/12/23調べ

 

日本では年間14,160円なのに対し、もっとも安いアルゼンチンでは年間1,080円。なんと、年間13,080円もの差が出ます。 

YouTubeプレミアムも決して安くはない金額なので、話題を集めるのが分かりますね。

VPNを利用した登録方法の違法性

これだけ安い金額で利用できるとなると、法律や規約的には大丈夫なのかが気になるところですよね。

 

まず、VPNの利用に関しては、日本では合法です。海外のインターネットに接続してコンテンツを見ても、違法行為にはなりません。

 

しかし、YouTubeの規約的には違反に当たります。

その規約とは、下記の[YouTube有料サービス利用規約 3. 本有料サービスへのアクセス]に関する記載です。

地理上の制限:本有料サービス及び本有料サービス内で利用可能なコンテンツには、現在、一部の国においてのみ利用可能なものがあります。

お客様は、自らがサポート対象国の居住者であると偽るために、誤った情報、不正確な情報、あるいは誤解を招く情報を提供しないことに同意し、本有料サービスまたは本有料サービス内で利用可能なコンテンツへのアクセスもしくはその利用可能度に対する制限の回避を試みないものとします。

引用:YouTube 有料サービス利用規約

太字部分をご覧ください。

VPNで登録する際には、本当は住んでいないホテルなどを住所として登録するため、この規約に違反していることになります。

 

しかし、VPNの利用については明記されておらず、レンタル映画などのコンテンツを見ることが禁止されているだけとも解釈可能です。

さらに、いままでにVPNを使った登録で、ペナルティーが課された事例はなく、この方法を解説したYouTube動画も削除されないことから、YouTube側も黙認しているのではないかと思います。

 

しかし、上記引用の太字部分に違反していることに変わりはありません。

いまは問題なく使えますが、YouTube側からなんらかの措置がある可能性も捨てきれないため、VPNを使った登録方法を試す場合は自己責任でお願いします。

  そのため、当ブログでは、VPNを使った申込み手順の解説は控えさせていただきます。

無料VPNはオススメしない

YouTubeプレミアムを格安で利用するには、まずはVPNサービスの登録が必要です。

 

VPNには有料と無料のサービスがありますが、安全性の面から無料VPNはおすすめしません。

無料VPNは、無料で提供する代わりに「個人情報を収集・売買」している可能性があるとされています。

昨今は、特に中国・ロシア・北朝鮮などの怪しい業者が、最終的に個人情報を盗んだり、ハッキングしたりするためにこうした無料VPNを開放しているという背景もあり、危険度はこれまで以上に上がっています。

YouTubeプレミアムを安く利用するためだけに個人情報がバラまかれては、割に合いません。

そのため、いかなる個人情報も収集しない「ノーログポリシー」をかかげている有料VPNの利用を強くおすすめします。

 

日本国内から安全・格安で使える有料VPNサービス

ということでオススメのVPNサービスですが、近年、日本国内でのユーザが急上昇している、北欧発のVPNサービス「NordVPN(ノードVPN)」がオススメです。

 

NordVPNの特徴は以下の通り。

  • 世界59ヶ国にVPN接続可能
  • ノーログポリシーで通信ログが記録されない
  • 欧米で広く使われており、セキュリティが高く、安全
  • 月額500円以内で利用可能
  • 契約後、30日間は返金保証
  • 1契約で6端末まで同時利用可能

 

VPN接続で海外サービスを安く契約したり、権利の関係で日本で見れない動画などをアマゾンプライムビデオやネットフリックスで見れるようになるなど、VPN接続サービスを利用するメリットはいくつもあります。

YouTubeプレミアムに安く登録するという目的以外にも活用できるので、これを期に、VPN接続サービスを利用してみるのも1つの手です。

 

NordVPNは現在、65%割引セール中です
この期間中に契約すると、最大65%割引、さらに3か月分無料で利用可能!
 
この記事で解決しなかった疑問は疑問はAIに聞いてみよう
質問内容を入力すると、皆さんの疑問にAIがお答えします。

※当機能は現在ベータ版です。 予告なく公開終了する場合があります。

まとめ

以上、YouTubeプレミアムに安く登録する方法は法律・規約違反になるのかについて解説しました。

 

結論としては法律的に違法にはなりませんが、YouTube規約には違反することになります。

いまのところペナルティーを受けた前例はないため、VPNで問題なく登録できますが、今後のことは分かりません。

すべては自己責任ですので、この方法を使うか使わないか、もう一度よく吟味してみてくださいね!

 

このように当ブログ・Tipstourでは、YouTubeの操作方法を数多く解説しています。

YouTubeについての操作方法は、こちらのリンクからどうぞ!

YouTube投稿者向けの記事一覧はこちら