PC引っ越し・ゲーム移行ならTodo PCTransで十分!

別の仮想デスクトップに、アプリを移動させたい!

という方向けに、当記事を執筆しました。

 

複数の仮想デスクトップを運用していると、「こっちのウィンドウをあっちの仮想デスクトップに移動したい…」というタイミングが、どうしても出てきます。

ウィンドウをどんどん広げれば広げるほど、この操作が必要になってくる場面は増えてきますよね。

 

筆者も、別の仮想デスクトップにアプリを移動させるために、わざわざ

  1. アプリケーションを閉じる
  2. 別の仮想デスクトップに移動する
  3. 再度アプリケーションを立ち上げる

というムダな作業をしていました。

そこで当記事では、上記作業をすることなく、別の仮想デスクトップにアプリを移動させる方法を紹介します。

 こちらの画面は、Windows11 Homeエディションの2022年1月の最新バージョン(ビルド:22000.493)での動作となります。

 

【手順】別の仮想デスクトップにアプリを移動させる

アプリを別の仮想デスクトップに移動させるには、[タスクビュー]画面で該当のアプリをドラッグアンドドロップするだけです。

まず、該当のアプリ(今回はExcel)を開いているデスクトップに移動します。

そして、[タスクビュー]ボタンを押してください( [windows]キー+[tab]キーでも開けます)。

仮想デスクトップ間でアプリケーションを移動させる

すると、上に今開いているアプリの一覧が表示されます。

そのまま該当のアプリをクリックし、移動させたい仮想デスクトップにドラッグアンドドロップします。

今回は左側の仮想デスクトップに移動させます。

左側の仮想デスクトップにアプリを移動させる

別の仮想デスクトップにアプリが移動しました!

アプリ移動後の仮想デスクトップの画像

まとめ

以上、アプリを別の仮想デスクトップに移動させる方法を紹介しました。

当ブログ「Tipstour」では、Windows11関係の操作方法やトラブル対処方法など、詳しくまとめています!

こちらの記事もぜひ、あわせてご覧ください。

Windows11の関連記事