シンプル・スマートな画面録画ソフト EaseUS RecExperts
【参考】Windows11の面倒な作業を自動化して自由な時間を取り戻そう

Windows11では、標準フォト機能を使って写真や画像の編集をすることが可能です。

そしてもちろん、画像のサイズを拡大・縮小することも可能です。

この記事では標準フォト機能で画像サイズを変更する方法について解説しています。

  こちらの画面は、Windows11 Homeエディションの2022年2月の最新バージョン(ビルド:22000. 493)での動作となります。

 
【新機能】わからないことはAIに聞いてみよう
質問内容を入力すると、皆さんの疑問にAIがお答えします。

※当機能は現在ベータ版です。 予告なく公開終了する場合があります。

【手順①】画像サイズを変更する方法

まずは、対象の画像をWindows11の「フォト」で開きましょう。

デスクトップのタスクバーに配置された「スタート」ボタンのアイコンをクリックします。

スタートボタン

「スタート画面」が開いたら、ピン留めされた「フォト」アイコンをクリックしましょう。

スタート画面

「フォト」アイコンをクリックするとフォト アプリケーションが開きます。

 

フォト アプリケーションが開いたら、画面上部に配置されたツールの右端にある「メニュー」アイコンをクリックします。

フォトアプリ

「メニュー」が表示されたら、「サイズ変更」項目をクリックしましょう。

画像サイズ変更

「画像のサイズ変更」画面が開きますので、「カスタムの寸法を定義します」タブをクリックします。

画像サイズ

「画像のサイズ変更」画面が変わり、画像の幅や高さ、品質など希望に応じて変更が可能です。

画像のサイズ変更が完了したら、「サイズを変更したコピーを保存」ボタンをクリックします。

画像コピーの保存

都合のよい保存先を指定して画像を保存しましょう。

【補足】複数画像のサイズを一括で変更する方法

今回ご説明した方法では、サイズ変更できるのは画像1枚ずつ、となります。

もし、十枚以上の画像をサイズ変更していきたいとなった場合、今回の方法では非常に手間がかかってしまいます。

 

Windows11の標準アプリや標準機能では、複数画像を一発でサイズ変更する事はできません。

しかし、マイクロソフトが公式で提供している「Power Toys」という追加機能ソフトを入れることにより、複数画像の一括変更が可能です。

その手順については、以下の記事でスクリーンショット付きでわかりやすく解説していますので、合わせてどうぞ!

 

 
この記事で解決しなかった疑問は疑問はAIに聞いてみよう
質問内容を入力すると、皆さんの疑問にAIがお答えします。

※当機能は現在ベータ版です。 予告なく公開終了する場合があります。

まとめ

以上、Windows11で標準フォト機能で画像サイズを変更する方法でした。

当ブログでは、Windows11関係の操作方法などを詳しくまとめています。

当ブログ「Tipstour」では、Windows11関係の操作方法やトラブル対処方法など、詳しくまとめています!

こちらの記事もぜひ、あわせてご覧ください。

Windows11の関連記事