廃棄したいけどデータ消去できないパソコンはどうしたらいいんでしょう?

例えば壊れて動かなくなってしまったパソコンや、古すぎてデータ消去できそうにないパソコンなど、処分に困ってしまうようなモノ、ありますよね。

 

かといって、そのまま捨ててしまうにも問題があります。

単純に起動しないパソコンであっても、ハードディスクの中のデータは書き込まれたまま残っているので、完全消去しないまま捨ててしまうと思わぬデータ流出の危険性が残ってしまいます。

会社のパソコンの処分でなくとも、個人のパソコンであってもやはりハードディスク上のデータは完全消去してから、廃棄したいものですね。

 

ということで、今回はそんなデータ消去できないようなパソコンでも回収・廃棄して、専用の機器をつかって完全にデータ消去まで行ってくれるというサービスを紹介しようと思います。

しっかりと「データ消去証明書」も発行してくれる、環境省・経済産業省認定の回収サービスです。

ご参考までに、それではどうぞ。

この記事のポイント!

  • リネットジャパンの「あんしん宅配回収」を使う
  • データ消去を自分でやれば【無料】で回収してくれる
  • データ消去もお願いすると【有料】で回収してくれる
  • パソコンが完全に破損していてもデータ消去可能!
  • データ消去証明書も発行してくれる!

方法:リネットジャパンの「あんしん宅配回収」にお願いする

その方法はこちら。 リネットジャパンの宅配便回収サービス「あんしん宅配回収」を使います。

 

このサービスを使うメリットは大きく分けて3つ。

1つずつ、見ていきましょう。

「あんしん宅配回収」を使うメリット①:宅配便でパソコンの回収可能【無料】

リネットジャパンの「あんしん宅配回収」では、宅配便で廃棄するパソコンを発送・回収してくれます。

近年、宅配の買取サービスが流行ってますが、それと同じ感覚でパソコンを送って廃棄できるのがこのサービスですね。

発送する箱は、サイズが「3辺の合計が140cm以内」「20kg以内」であれば同時に何箱でも送れます。

 

自前でパソコンのデータを事前に消去していれば、回収は無料で行ってくれます。

廃棄物としてお金を払って処分するぐらいであれば、こうした回収サービスに依頼する方が間違いなくお得です。 台数が増えればなおのこと、ですね。

もちろん、自分でデータ消去する手間はかかりますが、それさえできれば無料で回収してくれるわけですから、費用的には一番お得です。

 

梱包用の箱が手元にない場合、オプションサービスとして回収用のダンボール箱を発送してくれるサービスもあるので、そちらを使う手もアリです。

  • 縦: 48センチ
  • 横: 49.5センチ
  • 奥: 30.5センチ

 

これぐらいの大きさであれば、ノートパソコンはもちろんのこと、デスクトップパソコンとその周辺機器もしっかり入ります。

ただ、有料サービスで1箱398円かかるので、自前で箱が用意できるなら、用意するに越したことないですね。

「あんしん宅配回収」を使うメリット②:どんな破損パソコンでもデータ消去できる【有料】

この「あんしん宅配回収」の特徴は、どんなパソコンのデータでも完全消去する有料サービスがあることです。

 

  • 「データ消去のやりかたがわからない」
  • 「データ消去している時間がない」
  • 「データ消去しようにも、そもそもパソコンが壊れてて消去すらできない」

 

という場合は「おまかせ安全消去サービス」を使うと、どんな状況のパソコンでもデータを完全消去して回収、その後データ消去証明書を発行してくれます。

費用は1台につき3,000円です。

 

個人では絶対不可能なデータ消去方法

パソコンが動作する状態なら、データを完全消去する方法はいくらでもあります。

例えばTipstourでは、無料のデータ消去ソフト「Wipe-Out」を使う方法などを過去に紹介しています。

無料でPCデータを完全消去する方法! フリーソフト「Wipe-Out」の使い方と所要時間まとめ | Tipstour

 

しかしあくまで、これはパソコンが起動・動作する状態であれば、の話。

パソコンが壊れてしまっている状態では、個人でデータを完全消去することは困難。

リネットジャパンの「おまかせ安全消去サービス」の場合、専用の機器を使ってハードディスク内のデータを破壊してくれます。

 

ページに書いてある説明書きによると…

 
消去方法は、専用機でハードディスクの特定の記録部分のみをピンポイントで加圧変形させ、記録磁性層を破壊し穴を開けます。それにより読み取り・再使用が出来なくなります。
 
消去方式は、直流強磁場を瞬間照射(パルス状態)し、磁性体に記録されているデータを一瞬で完全破壊します。HDDはインターフェース(IDE、SCSI)・使用OS・フォーマット等に関係なく、さらにHDDとCMTなど各種機器で使用されている磁気媒体を混合してもデータ消去が可能です。

 

 

…なんだかすごいことが書かれていますが、物理的にハードディスクを破壊する専用の機械と、磁気を使ってハードディスクを破壊する機械の2つを使ってデータを消去するよ、という話ですね。

費用は3,000円かかりますが、手間とリスクを考えると、お願いしてしまった方が安上がりなのは間違いないです。

「あんしん宅配回収」を使うメリット③:国の認可を受けたサービス

データ消去を依頼するからには、信頼がおける企業・サービスでないといけませんよね。

いくら「データを消去しました」と言って、いくらデータ消去証明書を発行したからといって、結局のところその企業が信頼おけるところでなければ、裏で何をしているか、わかったものではないですから。

 

このサービスを行っているリネットジャパン株式会社の特徴は、こうしたデータ消去+パソコン回収サービスとして環境省・経済産業省から認定を受けた「小型家電リサイクル法」の認定事業者であることが挙げられます。

小型家電リサイクル法 認定事業者 認定番号 第24号
古物商許可番号 542781302300 愛知県公安委員会許可

 

また、リネットジャパン株式会社は東証マザーズにも上場している企業ですので、その点でも安心感があります。 (ティッカー:3556)

また、リネットジャパンは中古品販売の「ネットオフ」も経営しています。 聞いたこと・使ったことが一度はあるかもしれません。

 

パソコンの廃品回収のサービスは、それこそ雨後のタケノコのように沢山存在しますが、データ消去を伴うものに関しては、やはり信頼のおける企業に任せるのがベストですね。

環境省も「無許可の廃棄物回収業者には依頼しないでください!」と断言しています。

環境省の理由としては不法投棄などの問題に関することが理由ですが、データ消去の信頼性を考えても、無許可の廃棄物回収業者に依頼するのはやはりキケンです。

 

 
ちなみに、リネットジャパンのサービスで回収されたパソコン類は、「小型家電リサイクル法」に則って分解され、再利用されます。

パソコンが中古品やジャンクとして再販売されることは無いので、ご安心を。

「あんしん宅配回収」の料金体系

これらのサービスでかかる費用を、改めてまとめておきますね。

サービス名内容費用(税別)
あんしん宅配回収・パソコンの宅配回収
(データが消えていることが条件)
無料
回収用
ダンボール箱発送
・回収専用段ボール箱の発送1箱
398円
おまかせ
安全消去サービス
・パソコン内のデータの完全消去
・パソコンの宅配回収
1台
3,000円
データバックアップ
&消去サービス
・パソコン内データのバックアップ
・パソコン内のデータの完全消去
・パソコンの宅配回収
1台
15,800円

 

今回はご紹介してませんが、パソコンのデータを事前にバックアップしたうえでUSBメモリなどに保存→データ消去してくれる「データバックアップ&消去サービス」というサービスもあります。

これは完全に「個人データも保存しておきたいけどやり方がわからない! だから全部おまかせしたい!」という人向けのサービスですね。

費用も1台あたり15,800円とかなり高めなので、個人的にはオススメしません。 (バックアップするデータ容量が多いと、追加料金も発生します。)

「あんしん宅配回収」のサービスの流れ

さて、最後に「あんしん宅配回収」を使う際の流れをまとめましたので、ご参考くださいませ。

 

まずはWebサイトから申し込みします。

必要であれば、段ボール箱の配送を依頼しましょう。 こちらも、お届け希望日を指定可能。

 

申し込み時に、回収希望日と、発送する箱数を一緒に指定します。

1箱のサイズが「3辺の合計が140cm以内」「20kg以内」までであれば、何箱でも発送可能です。

 

あとは、支払い方法や回収先の住所などを入力していくだけです。

指定時間に佐川急便が箱の回収に来るので、あとはお渡ししてお任せしましょう。

カンタンですね!

まとめ

  • リネットジャパンの「あんしん宅配回収」を使う
  • データ消去を自分でやれば【無料】で回収してくれる
  • データ消去もお願いすると【有料】で回収してくれる
  • パソコンが完全に破損していてもデータ消去可能!
  • データ消去証明書も発行してくれる!

 

以上! パソコンのデータ消去+廃棄方法についてでした。

壊れたパソコンの処分に迷っているのであれば、このサービスはかなり便利です。

1台3,000円というお金を支払えば「データ消去」「廃棄」「データ消去の証明書発行」まですべてお任せでやってくれるわけですから。

データ消去に関していえば、パソコンが壊れていたり起動しなくなっていたりすると、難易度がとたんにハネ上がります。

ハードディスクは物理的な機械ですから、パソコンを分解してハードディスクを取り出し、またハードディスクも分解して、中のディスクを物理破壊する…という方法でもデータ消去可能です。

が、やはり大変です。 手間も時間もかかるし、何より猛烈に疲れます。(笑)

 

かかる手間と時間を考慮した上で、こうしたデータ消去サービスに依頼しましょう!

 

以上、ご参考までに。

それでは!