今回は、ぼくが長いこと重用しているフリーソフトをご紹介しますね。

Windowsでのデータ整理に役立つインストール不要ツール、「DiskInfo」です。

ファイルやデータごとの容量、占有率を一発で視覚化できるので非常に便利です。

この記事のポイント!

  • 「DiskInfo」はドライブ・フォルダのデータ整理に便利なツール
  • データの占有率でソートできるので、データ圧迫の原因を簡単に探せる
  • データ整理、削除などもDiskInfo上から可能!
  • 解析データをExcelやCSV形式に出力することもできる

DiskInfo

ソフトのダウンロードはこちらよりどうぞ。

「DiskInfo」フォルダー内のファイル占有率を表示 - 窓の杜ライブラリ

 

2018年3月現在で、32ビット版と64ビット版があります。

使っているWindowsOSのビット数に合わせて、必要な方をダウンロードしてくださいませ。

01 Cap 2018 03 18 11 42 20 s

 

このツールはインストール不要です。

そのため、ダウンロードしたら適当なフォルダにコピーするだけで、そのままディスクのスキャンが可能ですよ。

DiskInfoの使い方

それでは早速、ツールを起動してみましょう。

こちらがツールのトップ画面。

02 2018 03 18 11 29 11

 

まずは、ドライブのファイルデータを解析(スキャン)する必要があります。

左上の「解析ボタン」をクリック。

03 2018 03 18 11 29 19

 

解析するドライブを選択して「OK」をクリックします。

04 2018 03 18 11 20 46

 

ドライブの容量によって、解析に少し時間がかかります。

完了したら、こんな幹事の解析結果が表示されてくるので、「閉じる」をクリック。

05 2018 03 18 11 19 29

 

Cドライブのデータ解析結果が、このような感じで表示されるようになりました。

06 2018 03 18 11 19 39

メリット:データファイルの占有率が一発で確認できる

DiskInfoのメリットは、ファイルやフォルダのデータの占有率(使用率)が一覧で確認できるという点です。

 

たとえばこちらはCドライブ上のフォルダのデータ占有率でソートした画面。

Cドライブ直下のフォルダとして「Program Files(x86)」のフォルダが、Cドライブの約40%(72.71GB)を占めていることがわかります。

07A 2018 03 18 11 59 21

 

この「Program Files(x86)」フォルダをダブルクリックで開いていくと、更にその下のフォルダのデータ容量や占有率が確認できます。

この場合、データを専有してるのはほとんどSteamのデータのようですね。 (約90%)

07B 2018 03 18 12 02 33

 

また、フォルダ内のファイル単位でも占有率がどれぐらいなのか、ソートして一覧表示することも可能です。

08 2018 03 18 11 20 34

 

実際には、こうして占有率の高いフォルダやデータを深掘りしていくことで、容量を圧迫している原因を探っていくことになります。

ドライブのトップから占有率の高いフォルダをダブルクリックして開いていって、容量を圧迫しているファイルやフォルダを発見、必要に応じて削除したり、外部にバックアップしたりするなどの対応が取れます。

ファイルの削除などの操作もツール上から可能

整理したいファイルやフォルダが発見できたら、このDiskInfo上からも削除やコピーが可能です。

方法は、右クリックして「削除」を選択するだけ。 簡単ですね。

09 2018 03 18 11 30 50

エクスプローラーの画面を開くことも可能

通常のファイル操作をするエクスプローラーのウィンドウを、DiskInfoから開くことも出来ますよ。

方法は、右クリックして「エクスプローラー」を選択します。

実際のファイルの整理は手慣れているエクスプローラーのウィンドウからやりたい…という場合は、この方法でエクスプローラーを開いて作業しましょう!

10 2018 03 18 12 08 23

ファイル一覧のExcel、CSV出力も可能

ちなみにDiskInfoでは、解析したデータをExcelやCSV形式にして保存することもできます。

方法は同じく簡単で、フォルダ内を適当に右クリックして「エクスポート」→「Excel」か「テキスト(CSV方式)」を選ぶだけ。

11 2018 03 18 12 16 28

 

こんな形で、解析データが出力されます。

Windows系のサーバなどで、データ整理をする際の資料などに使えそうですね。

データ整理の前後で出力しておけば、どのように整理されたかのエビデンスにもなりそうです。

12A 2018 03 18 11 31 39

12B 2018 03 18 11 32 04

まとめ

  • 「DiskInfo」はドライブ・フォルダのデータ整理に便利なツール
  • データの占有率でソートできるので、データ圧迫の原因を簡単に探せる
  • データ整理、削除などもDiskInfo上から可能!
  • 解析データをExcelやCSV形式に出力することもできる

 

現在は自分のPCのデータ整理用に使っています。

前職でWindows系のサーバエンジニアとして働いている頃にも、このツールを使ってファイルサーバの整理などを行ったりしていました。

インストール不要ツールでこの多機能さなのが、強くオススメする理由です。

サーバの管理などの場合に、インストール不要はとても役立ちます。 (再起動など、する必要がないですから。)

 

以上、ご参考までに。

それでは!

 

関連記事:その他にも役立つインストール不要フリーソフトを紹介しています

画像形式を一括変換・編集するインストール不要ツール「XnConvert」が便利 (Win,Mac,Linux対応) | Tipstour

「BGinfo」操作中のWindowsのあらゆる情報をデスクトップに表示してくれるインストール不要フリーツール | Tipstour

PC画面を動画キャプチャする高機能インストール不要フリーソフト「AGデスクトップレコーダー」 | Tipstour