いつものExcel作業を時短・自動化して早く帰宅しよう!
TipstourではExcel時短テクニックを多数掲載しています。

 

Excel時短テクニック記事・一覧

書式設定ウィンドウを開くマウス操作が手間なので、ショートカットキーで開きたい!

…という方のために、ズバリその方法をサクッとまとめました。

 

ということでこんにちは、20代怠け者(@20sInvest)です。

この記事では、セルの書式やフォント、罫線、塗りつぶしを変更する際に使う「書式設定ウィンドウ」を一瞬で開くショートカットキーをまとめました。

早速見ていきましょう。

【時短】書式設定ウィンドウを開くショートカットキー

さて、そのショートカットキーは以下の通りです。

Ctrl + 1

 

実際に使ってみましょう。

どこでも良いので、書式設定を変更したいセルを選択した状態で「Ctrl+1」を押します。

 

はい!

このように、セルの書式設定ウィンドウが開きました!

 

カンタンですね。

「Ctrl+1」です。

慣れれば、左手のキー操作だけでこのショートカットキーを押せるようになりますよ。

わざわざマウスに持ち替えて右クリックして…なんてことをしなくても済むようになります。

 

以上、ご参考までに。

それでは!