PC引っ越し・ゲーム移行ならToDo PCTrans Free

この記事ではメールソフトにGmailアドレスを追加する方法について解説しています。

  こちらの画面は、Windows11 Homeエディションの2022年3月の最新バージョン(ビルド:22000. 493)での動作となります。

【手順①】標準機能のメールソフトでGoogleアカウントを選択する方法

標準機能のメールソフトを起動させます。

標準機能のメールソフトの起動方法は以下のリンクをご参照ください。

メールソフト画面

メールソフトが起動したら、左ペインに配置された「アカウント」項目をクリックしましょう。

アカウントの管理

「アカウント」をクリックすると右側に「アカウントの管理」が表示されますので、「+アカウントの追加」をクリックします。

アカウントの追加

「+アカウントの追加」をクリックすると、「アカウントの追加」画面が中央部に表示されますので、「Google」アイコンをクリックしましょう。

【手順②】Gmailアドレスを追加する方法

【手順①】「Google」アイコンをクリックすると「Googleにログイン」画面が表示されます。

Googleログイン

「Googleにログイン」するには「メールアドレス」もしくは「電話番号」が必要です。

メールアドレス入力

「メールアドレス」もしくは「電話番号」を入力したら、右下にある「次へ」ボタンをクリックしましょう。

パスワード入力

画面が変わったら、「パスワード」を入力して「次へ」ボタンをクリックします。

内容確認

「Google」にログインすると、自動的に「WindowsがGoogleアカウントへのアクセスをリクエスト」していきますので内容をご確認の上、「許可」ボタンをクリックしましょう。

許可

「許可」ボタンをクリックすると、画面が変わりますので必要事項を入力して右下にある「サインイン」をクリックします。

名前の入力

ここではメールを送信する際に使用する名前の入力を行いましょう。

アカウント追加作業完了

数分間待つと標準機能で備わっているメールソフトにGmailアドレスが追加され、「すべて完了しました。」と表示されれば作業完了です。

まとめ

以上、Windows11でメールソフトにGmailアドレスを追加する方法でした。

当ブログ「Tipstour」では、Windows11関係の操作方法やトラブル対処方法など、詳しくまとめています!

こちらの記事もぜひ、あわせてご覧ください。

Windows11の関連記事