昔ながらのスクリーンセーバーの設定画面を開きたいんだけど、どうしたらいいですか!?

…という疑問について、この記事ではお応えます。

 

ということでこんにちは、20代怠け者(@20sInvest)です!

最新OSであるWindows10を使っていても、過去の設定画面で操作したい・設定したい…という場面は多くありますよね。

今でこそスクリーンセーバーの重要度が低くなりましたが、それを変更するための「スクリーンセーバーの設定」という画面もありました。

そうそう、こんなやつです。

 

この画面、Windows10でも開くことが可能です。

その方法についてまとめましたので、ぜひご覧ください。

【手順①】スクリーンセーバー関係の画面設定を開く

まずは、スタートメニューから「設定」ウィンドウを開きます。

そして「個人用設定」をクリック。

 

個人用設定の画面が開きました。

続いて左側のメニューから「ロック画面」をクリックしましょう。

【手順②】「スクリーンセーバーの設定」ウィンドウを表示する方法

次の画面が出たら、そのまま下にスクロールしていきます!

 

下の方に「スクリーンセーバー設定」というリンクがあるので、ここをクリックしましょう!

 

昔懐かしの設定画面が出てきました!

 

スクリーンセーバーのメニューを開くと、このように馴染みのあるスクリーンセーバーたちが出てきます。

 

3Dテキストなどもこの通り。

よくオフィスのパソコン画面には、こんな感じのテキストがぐるぐる回っていたものです。

いや…今でも、ですかね?

まとめ

以上、「スクリーンセーバーの設定」ウィンドウを開く方法でした。

 

当ブログ、TipstourではWindowsでの便利テクニック・時短テクニックなども多くご紹介しています。

ぜひこちらもあわせてご覧ください!

 

以上、ご参考までに!

それでは!

 

【参考】Windowsサポートをアウトソーシングする方法
Windowsパソコンの設定、バックアップ、トラブル対応にOffice製品の操作方法…。果てはスマホやLINEの操作方法まで…。

色んな人から相談・丸投げされて、そのたびにトラブルシュート対応するのにウンザリしていませんか?

パソコンからスマホまで、あらゆるサポートを誰かに丸投げしてしまいたい!

そんな方には「G・O・G サポート」が最適です。

  • 電話サポート
  • リモート接続サポート
  • 訪問サポート

上記3つの方法で、パソコンのあらゆるトラブル対応を月額324円からサポートしてくれます。 (個人・法人サポートの両方に対応)