パーティションクローン・MBR/GPT変換ならPartition Master Free

WooCommerceでネットショップを作ったけど、どの決済代行サービスを選べばいい?KOMOJUってどうなの?

・・・という方に向けて、記事をまとめました。

 

WordPressの無料プラグインである「WooCommerce(ウーコマース)」。

導入することで個人・法人のブログやHPに、ネットショップを手軽に構築可能です。

 

ネットショップで決済取引をするには、WooCommerceと決済代行サービスを接続する必要があります。

しかし、さまざまな決済代行サービスがあるため「どれを選べばいいか分からない!」という人も多いのではないでしょうか?

 

本記事では、決済代行サービスの中でも、特にコスパが高くおすすめな決済代行サービス「KOMOJU」について徹底解説いたします!

WooCommerce決済で「KOMOJU」を導入する3つのメリット

WooCommerce決済でKOMOJUを導入するメリットは以下の3つです。

  1. 初期費用・月額料金が完全無料で導入が簡単&気軽
  2. 幅広いターゲット層に対応できる汎用性の高さ
  3. 強固なセキュリティで安心・安全な取引が可能

順番に見ていきましょう。

①初期費用・月額料金が完全無料で導入が簡単&気軽

KOMOJUは、完全無料で導入できるサービスです。 初期費用はもちろん、月額費用もかかりません。

唯一かかる費用は、取引時に発生する手数料のみとなっており、最安2.75%と比較的低く設定されています。

 

決済方法ごとの手数料は、下記の表をご覧ください。

決済方法 手数料
クレジットカード決済 3.6〜3.85%
コンビニ決済 2.75%
スマホ決済(QR決済) 3.5%〜
キャリア決済 6.6%〜
銀行振込 2.75%
ATM決済 2.75%
プリペイド決済 12%

 

また、導入方法も非常に簡単で、以下の3ステップでスピーディーに使いはじめられます。

  1. WooCommerceアカウントの作成
  2. KOMOJUアカウントの申請・取得
  3. KOMOJUをWooCommerceに接続

申請フォームへの記入のみで申請でき、書類を準備する必要がないため、コスト面だけでなく、手間もかからず非常に気軽に導入できるサービスです。

②幅広いターゲット層に対応できる汎用性の高さ

KOMOJUでは、以下7種類の決済方法を採用しています。

  • クレジットカード決済
  • コンビニ決済
  • スマホ決済(QR決済)
  • キャリア決済
  • 銀行振込
  • ATM決済
  • プリペイド決済

誰でも使いやすく、現金派からキャッシュレス派、デジタルマネー派の人まで、幅広いターゲット層に対応可能です。

また、日本だけでなく海外でも利用でき、ヨーロッパやアジア太平洋地域、韓国や中国でも決済できるようになっています。

 

決済方法の豊富さ、対応エリアの広さから、非常に汎用性の高い決済代行サービスであると言えるでしょう。

幅広いターゲット層に向けたビジネスや、海外ユーザーへの販売も視野に入れている人には特におすすめのサービスです。

③強固なセキュリティで安心・安全な取引が可能

オンライン上でお金を取引する際に、もっとも重要なセキュリティ面。大切な顧客を相手にしているので、なにかと不安な人も多いのではないでしょうか?

 

KOMOJUは、クレジットカード業界の世界基準であるセキュリティ規格「PCI DSS」に則っているため、安心・安全な取引が可能です。

PCI DSSに則ることで、セキュリティがより強固になり、悪質なハッキングや不正アクセス、悪用や情報漏れなどを防いでいます。

 

また、ECプラットフォーム「Shopify」PCゲームプラットフォーム「Steam」など、超有名サービスにも採用されており、その実績は確かです。

 

このように、KOMOJUのセキュリティは非常に強く、実績もあります。安心・安全に取引できるサービスと言えるのではないでしょうか?

WooCommerce決済でKOMOJUを導入するデメリット

KOMOJUを導入するデメリットとしては、他の決済サービスと比べると決済方法が少ないことです。

 

KOMOJUには7種類の決済方法がありますが、他サービスでは8種類以上の決済方法が採用されています。

特に、後払い・代引き決済は利用者もそれなりにいるため、あつかう商品やターゲットによっては痛手となる可能性があるでしょう。

 

ただし、クレジットカードやコンビニ決済など、利用者の多い決済方法は押さえられているため、大きな損失は出にくいはずです。

むしろそれさえ割り切れば、月額費用がかからない分、他サービスよりもお得に利用できるのではないでしょうか?

その他のWooCommerce決済代行サービスとの比較

「KOMOJUが良いサービスなのは分かったけど、他のサービスと比べるとどうなの?」と思う人も多いのではないでしょうか?

 

ここでは、KOMOJUと類似している決済代行サービスを比較しています。

サービス名 初期費用 月額料金 手数料(クレカ決済) 決済方法
KOMOJU 無料 無料 3.6〜3.85% ・クレジットカード
・コンビニ
・QRコード
・キャリア
・銀行
・ATM
・プリペイド
ZEUS 無料 3,000円 3.5% ・クレジットカード
・メール/SMS
・コンビニ
・銀行
・端末
・電子マネー
・キャリア
・後払い
PAY GENT 記載なし 記載なし 記載なし ・クレジットカード
・コンビニ
・ネット銀行
・口座振替
・QRコード
・電子マネー
・キャリア
・プリペイド
・後払い
Epsilon 無料 無料〜5,000円 3.6%〜 ・クレジットカード
・コンビニ
・ネット銀行
・口座振替
・QRコード
・電子マネー
・キャリア
・プリペイド
・ウォレット
・多通貨
・代引き
・後払い

他サービスと比較すると、KOMOJUはかかる費用が手数料のみと明瞭でシンプルなのが最大の特徴です。

決済方法は少ないですが、利用者の多いクレジットカード・コンビニ・キャリア・QRコードなどは押さえているため、大きな損失にはなりません。

 

コスパの良さを求めるならKOMOJU必要な決済方法によっては他サービスから選ぶと良いでしょう。

 

参考:
通販サイトでの決済手段調査(2018年)
通販サイトでの決済手段調査(2020年)

まとめ

以上、WooCommerce決済代行サービス「KOMOJU」について解説しました。

 

KOMOJUは「コスト」「使いやすさ」「セキュリティ」「実績」、どれをとっても申し分ない決済代行サービスです。

WordPressでネットショップを開く際には、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?