IFTTTでドルの為替レートを定期的にSMSに送るようにしてみた


2014-1121-074303_s

ここ数日で円安がモリモリ進んでますね。 最近は色々と経済の書籍も読むようになってきたので為替レートにも気を使うようになってきた僕です。 そうでなくても、海外旅行に行くときや、海外から通販や商品を買う場合はドルレートが重要になるしね。

Tipstour的には、テクノロジーを使って日々のドルレートをチェックしていく方法はないかということで、IFTTTにてドルの日本円レートを毎日定時に通知するレシピ(連携)を作ってみましたよ。 是非、活用ください。

スポンサードリンク

 

日本円レートをSMSで送信するIFTTTレシピ

ということで、下記が今回作ってみたレシピです。 使うチャンネルは、StocksチャンネルとSMSチャンネル。 Stocksチャンネルは、Yahoo! Financeのデータを元してるみたいです。

IFTTT Recipe: 毎朝7時半に米ドルレートをSMSで通知する connects stocks to sms

設定項目

Trigger部分で、交換元・交換先の通貨、アクションを起こす時間帯の設定ができます。
2014-1121-074127_s

今回の場合はUnited States Dollar (USD)とJapan Yen (JPY)の為替レートで、毎朝7時半にアクションを実行する設定です。 ちゃんと日本時間の朝7時半で動作してくれますよ。

この設定部分を変更することで、他の通貨間のレートの通知もできます。 ドルと一緒にユーロあたりでも通知するようにしておこうかな。

SMSに通知するメッセージ設定

Action部分では、実際に送信するメッセージ内容を設定できます。
2014-1121-074138_s

1 {{InputCurrency}} = {{ExchangeRate}} {{OutputCurrency}}

{{InputCurrency}}が交換元の通貨単位の表示。 今回は「USD」になります。

{{ExchangeRate}}が実際のレートの数値。

{{OutputCurrency}}が交換先の通貨単位の表示。 今回の場合は「JPY」ですね。

こんな感じで通知が来ます

ということで、実際にSMSで通知されるようになると、毎日決まった時間でこんな感じで通知されます。
2014-11-21 07.48.11_s

SMSだとこうしてリマインドされるので、気付かなかったりチェックを忘れたりということもなくて、すばらしい。

SMSを送付するための設定

IFTTTのSMSチャンネルだけど、これを有効化するにはちょっとした設定が必要です。 SMSという機能自体が携帯電話の番号を使うことと、IFTTTが海外のサイトであることに注意。 詳しくはこちらの記事をどうぞ。


電話番号+国番号が必要です。 IFTTTのSMS連携を有効化してみようの巻。 | Tipstour

Androidの場合はAndroid SMSを使おう

そうそう、このSMSチャンネル自体はiPhoneで利用できてますが、Androidは専用のSMSチャンネルがあるみたいです。 こっちを使う方がよいかもです。


Connect Android SMS to anything – IFTTT

まとめ

  • Stocksチャンネルで為替レートの情報を取得
  • SMSチャンネルでスマートフォンへ通知
  • 毎日同じ時間に通知可能

もちろん、SMSだけでなくEvernoteやGoogle Driveのスプレッドシートなど、日々の記録にも使えますね。 使い方次第で、このStockチャンネルで結構面白いことができそうですよ。

IFTTTTの関連記事


これが無いと生きていけないIFTTT 5つの連携レシピ(2014年5月版) | Tipstour


IFTTT連携で毎朝、今日の天気と気温をSMS通知してくれるようにしてみた | Tipstour


Instagramをさらに面白くする10つのIFTTT連携レシピ | Tipstour


Todoistを使いこなすための7つのIFTTT連携レシピまとめ(2014年11月版) | Tipstour

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly