Excel Tips. ファイルを開くたびに「保護されたビュー」のメッセージが表示されるのをやめさせる


excel01

はい、@slyellow2です。 最近割と少なくなったExcelの話題を。

共有サーバなどに置いてあるファイルをExcelで開こうとすると、よく「保護されたビュー」というバーが表示されることがあります。 そのまま実行や編集が出来ないよう、ワンクッション置かれるようになってます。

これはセキュリティ上、インターネット上の正体不明のExcelファイルは危険だという判断からこういう機能があるんですが、会社内の共有サーバのファイルもこういったワンクッションが置かれてしまうので結構うっとうしいです、これ。

この保護されたビューを表示させなくする方法をメモっておきます。

スポンサードリンク

 

表示されるバー

表示されるメッセージはこんな感じのものです。

「保護されたビュー」
「このファイルは、インターネット上の場所から取得されており、安全でない可能性があります。 クリックすると詳細が表示されます。」

2014-0516-124825

非表示にする設定

さて早速、このあまり意味のない残念な保護されたビューを非表示とする方法です。 次の通り、画面を移動します。

ファイルオプションへ。
2014-0516-124910

セキュリティセンターから、「セキュリティセンターの設定」を選択。
2014-0516-124921

続いて「保護されたビュー」を選択。 
2014-0516-124950

すると、「インターネットから取得したファイルに対して、保護されたビューを有効にする」というチェックボックスが出てくるので、ここをオフにしてOKしましょう。 オプション画面に戻るので、ここもOKします。

これで、表示されなくなる!

これで、もう一度共有フォルダ上のExcelファイルを開いてみると…見事、保護されたビューは表示されなくなりました。 これでワンクッションも消滅ですね。
2014-0516-125012

実際のところ、インターネット上でExcelファイルを直接開くことって殆どないんですけどね。 Excelファイルがインターネット上に転がっている時点で、怪しいから誰も開かないような…。

Excel Tips関連記事


お仕事でExcelを使うすべての人のための、23のExcel Tips 総まとめ(2014年8月) | Tipstour


【Excel Expert】作業を超・効率化させる、知らぬと損する必須ショートカットキー15選 | Tipstour


Excelのセルへの色塗りをキーボードで行う、2つのショートカットキー | Tipstour


Excel視覚テク ステータスが「済」の行を自動的にグレーアウトして進捗をわかりやすくするワザ | Tipstour

 

スポンサードリンク

 

この記事が参考になったら、TipstourのFacebookページに『いいね!』をお願いします!

 

よろしければFeedlyもご登録ください!
follow us in feedly