iPhoneのアラームが鳴ってくれない時に試してみるべき9つの対策

2014-0118-090233

以前、僕のiPhoneにてアラームが正しく鳴ってくれないという自体が頻発していました。

その後なんとか安定してくれたんですが、どうやらiPhoneの朝の目覚ましアラームが鳴ってくれない問題はいまだ健在のようです。

IPhoneのアラートが上手く鳴らなくなってしまった時に、試してみるべきこと。 | Tipstour

 

iOSも年々バージョンアップを繰り返し、インターフェイスも様変わりしてきています。

今回は「アラームが鳴らないと思ったら試してみるべき事柄」をまとめてみました。

過去のぼくのように、目覚ましがなってくれない方の参考になればと思います。

スポンサードリンク

関連記事

対策1:目覚まし設定を「毎日」に設定する

iPhoneの目覚まし機能のひとつとして、アラームを鳴動させる日にちを指定できる項目「繰り返し」があります。

これは月曜、火曜といった曜日単位で指定が出来るのですが、ここの設定を個別に設定をしていると、何故だかアラームが鳴ってくれないという現象が各所で報告されているようです。

2014-01-17 23.08.13_small

そのため、ここは毎日鳴動するように設定をして様子を見てみましょう。

対策2:スヌーズ機能をオンにする

「スヌーズ機能」とは、アラームが鳴った際にアラームを終了させないと何度も鳴り続ける機能です。

アラームが鳴ったはいいけども、ふたたび二度寝に入ってしまった人なんかを起こすために、5分後などに再度アラームを鳴らすという機能ですね。

2014-01-18 08.32.32_small

この機能も、オンにしておくとアラームが鳴りやすくなるようです。 こちらもオンにした状態で様子を見てみましょう。

対策3:バックグラウンドで起動しているアプリを終了させる

iPhoneは一度起動したアプリはホームボタンで戻っても完全に終了するわけではなく、実はバックグラウンドで動き続けるという動作になっています。

この機能のおかげで、入力中の情報などをそのままに別のアプリ間でのやりとりが出来るようになっています。

…が、アプリによっては起動したままだとアラーム機能の動作をジャマしてしまうものがあるようなのです。

そのため、なるべくなら睡眠をとる前に不要なバックグラウンド動作のアプリは、終了させてしまうことが望ましいです。

 

アプリの終了方法は、ホームボタンを二回押しします。 すると下記のようなタスク画面が表示されます。

終了したいアプリを上方向にスワイプすることで、アプリが終了できます。 この方法で、時計アプリ以外のすべてのアプリを終了させて眠りにつき、アラームが鳴ってくれるかどうかを試してみましょう。

2014-01-17 23.09.01_small

対策4:登録するアラームの数を減らす

アラーム設定は、時間帯によって複数設定可能です。

可能なのですが、あまりに多く登録しすぎるとこれまたアラームが鳴ってくれないという報告もあるようです。 多くの登録がある場合は、必要なものだけに削ってしまいましょう。

2014-01-17 23.08.17_small

僕の環境(iPhone 5s, iOS7)だと、とりあえず3つの登録までは大丈夫で、今のところ問題なくアラームが鳴ってくれるようになってます。

対策5:再起動を試してみる

どうしてもアラームが鳴らない場合は、iPhoneの再起動を試してみるのもひとつの手です。

バックグラウンドで動作しているアプリとも違う、よくわからないプロセスが動いている場合が、どうやらあるようです。

一旦とりあえず再起動してみて、様子をみてみるのも試してみるべきでしょう。

iPhoneの再起動は、ホームボタンと電源ボタンの長押しでiPhoneの電源が落ち、そこから再びホームボタンと電源ボタン長押しでiPhoneの起動を行うことで可能です。

対策6:他の目覚ましアプリを使う

色々試してみたけどやっぱりアラームが鳴ってくれない、という場合はひとつの選択肢として、不安定なiPhoneの標準目覚ましの機能を使うことを諦めて、別のアプリを使うというのも選択肢のひとつです。

下記、無料で利用可能なiPhoneアプリをご紹介しておきますね。 このあたりで、気に入ったものを使ってみましょう。

目覚まし時計プラス – 究極のアラーム時計アプリ
カテゴリ: 仕事効率化, 天気

目覚まし時計 Free
カテゴリ: ユーティリティ, 天気

快眠サイクル時計
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ライフスタイル

対策7:睡眠管理アプリ『Sleep Meister』

目覚ましアプリと似たようなものですが、睡眠管理アプリというものがあります。

寝る前にアプリを起動して、起きる時間を設定しておくと、その日の睡眠情報を解析してくれるという、なかなか面白い感じのアプリです。 どういう仕組みなのか詳しくはわからないのですが、眠りの深さや寝言まで解析してくれるらしいです。

この『Sleep Meister』というアプリ、ぼくも最近ちょっと使い始めたばかりなのですが、今のところ100%アラームが鳴ってくれているので、重用しています。

もしかしたら、このアプリで解決するかも…!?

2014-0118-0902001

Sleep Meister – 睡眠サイクルアラーム
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ライフスタイル

このアプリ、こちらの記事で更に詳しく紹介しています。

「iPhoneで必ず鳴る目覚まし」としても使える睡眠管理アプリ『Sleep Meister』 | Tipstour

対策8:ガラケーの目覚まし機能を使う

ガラケーからスマホに変えた人や、お仕事でガラケーを持たされている人などはこの方法も利用出来ると思います。

どうやらスマートフォンの目覚まし機能よりもガラケーの目覚まし機能はちゃんと鳴動してくれる確率が高いので、目覚ましのためだけにでも枕元に置いておくのも、いいかもしれません。

対策9:諦めて普通の目覚まし時計を使う

上記のすべてを試してみたけどやっぱりアラームが鳴らない!! どうしようもない!!

…という場合、すっぱり諦めてしまって普通の目覚まし時計を使うという最終手段もあります。

ある意味最終手段ではありますが、いっそのこと物理的な目覚まし時計を購入した方が、シンプルな解決方法かもしれません。

 

快眠・目覚ましについて、こんな記事も参考になるかもしれません。

気持ちよく早起きして朝活するために寝る前/起きる時に実行すべき5ステップ | Tipstour

横向き眠りを促進するらしい快眠枕「YOKONE」がなんだか面白そうだ | Tipstour

寒い朝に弱いすべての人におススメする、ヒートテック+朝シャワーで身体を温めるワザ | Tipstour